エンジニアのためのお役立ち情報

「フリーランスor派遣・契約社員」ITエンジニアが悩む働き方改革とは

ITエンジニアとして正社員で働いていたとしても、様々なタイミングで働き方を見直すことがあります。「勤めている会社の待遇が良くない」「これ以上のスキルアップが見込めない」「目指すキャリアプランが変わった」など、きっかけは人それぞれです。

このタイミングに合わせて働き方を見直した際に、「正社員として転職」「派遣・契約社員として案件を探す」「フリーランスになる」などが選択肢に挙がります。
そこで今回は、これら選択肢のうち派遣・契約社員とフリーランスにフォーカスし、それぞれの働き方について解説をしていきます。
ITエンジニアとして、今後の働き方を見直し中の方は、それぞれについて理解を深め、自分の希望に合ったお仕事を選択していきましょう。

様々な雇用形態

まずは「フリーランス」と「派遣・契約社員」のそれぞれの働き方を確認していきましょう。

「フリーランス」という働き方

年々増加傾向にあるフリーランスという働き方。人口だけでなく、その市場規模も非常に巨大なものとなってきています。
そんな拡大を続けるフリーランスですが、ITエンジニアに関しては次のような特徴があります。

・業務委託契約を締結して働く
一般的な会社勤めと違い、フリーランスでは企業と個人、もしくは個人と個人で業務委託契約を締結して、業務を遂行していくこととなります。
クライアントから業務を委託され、期間内に成果物を納品します。

・自分で案件(仕事)を選ぶことができる
フリーランスという働き方をイメージした際にまず挙がるのが「自分で好きな案件(仕事)を選べること」だと思います。個人が案件単位で仕事を請け負うこととなるので、ある程度自由に案件を選ぶことができます。案件にもよりますが、会社勤めに比べると与えられる裁量が大きく、比較的自由に働くことができるでしょう。
また、クライアントのオフィスや自宅など、案件ごとに就業場所が変わる点もフリーランスならではの特徴です。とはいえ、情報漏洩などセキュリティの面から、近年では社外勤務可能なノマドワーカー向け案件が縮小傾向にあります。

・業務スケジュールを自分で決められる「在宅型」であれば、会社勤めのように決まった出社時間や退社時間などはありません。あくまでも期限内に成果物を提出できれば良いので、自分の働きやすい時間帯に業務を行うことができます。
また、受注できる案件数も自分で決められるので、収入や生活状況に合わせて案件数を調整することが可能です。

このように、自己管理と計画性を持って仕事をすることができれば、フリーランスはワークライフバランスを重視しやすい働き方だといえるでしょう。

「派遣・契約社員」という働き方

派遣会社と有期雇用契約(条件により無期雇用契約)を締結し、派遣先となる案件(プロジェクト)を紹介してもらうのが、基本的な働き方となります。
派遣・契約社員の場合、派遣先となる企業の就業規則に従うことが多く(派遣元と派遣先企業間の派遣契約の内容により異なる)、勤務時間や作業場所など、フリーランスと比べ裁量はあまり大きくありません。
ですが、サポートのしっかりしている派遣会社であれば、自分の希望に合わせた案件紹介を受けることが可能です。自分自身のキャリアや身に付けたいスキルを正直に相談することで、キャリアプラン上で必要な経験を積むことができる働き方だと言えるでしょう。

ITエンジニアの仕事探し

では、フリーランスの場合はクライアント、派遣・契約社員の場合は案件の探し方が重要になります。そのため、ITエンジニアが仕事探しを行うには、やはり専門の案件紹介サイトを利用するのが効率的です。
特に「自分のキャリアプランを実現するための経験を積みたい」と考えているITエンジニアにとっては、案件紹介サイトの利用価値は非常に大きくなります。その理由として、派遣社員として様々な企業へ出向することで、多くの企業に自分の顔を覚えてもらう機会に恵まれるからです。この、いわゆる「コネ」を作っておくことが、今後の仕事とキャリアアップのチャンスにつながっていくのです。

また、キャリアアップやスキルアップを図りたい人は、ある分野に特化した案件紹介サイトを利用することも有効です。
たとえば、SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)では「テスト・検証・品質管理」が豊富なので、テストエンジニアとしての実務経験を多く積むことができます。テストエンジニアは品質管理の要となる役割を担っており、検証作業だけではなく、その結果の分析なども行います。
さらにテストエンジニアとして第三者検証を行う場合、プロジェクトの品質管理から納品に至るまでの進行管理に関わることとなり、様々なマネジメント業務の経験が増えていくようになります。この経験は、今後マネジメント職などのキャリアアップを考えている人にとっては大きな財産となるでしょう。
また、 SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)では「外部」への派遣だけではなく、社内案件も扱っているので、自分に合った働き方を選択していくことができるのです。
このように、案件紹介サイトひとつでもそれぞれ特徴があるので、自分のキャリアマップを考慮したうえで案件を探していきましょう。

フリーランスの特徴

ここではフリーランスの特徴をメリットとデメリットにわけて紹介していきます。

フリーランスのメリット

フリーランスの主なメリットには次の3点があります。

・高収入を目指すことができる
当然、自分の実力次第となりますが、単価の交渉から自分で行うフリーランスは難易度が高い案件や、需要が高い案件を獲得していくことで高収入を目指すことができます。会社勤めと違い、案件の成功報酬はすべて事業主である自分自身の収入となります。働けば働いた分だけ収入が増えるというのも、フリーランスの大きな魅力だといえるでしょう。

・「在宅型」であれば時間的な融通が利きやすい
フリーランスの就業場所ですが、大きく分けると「常駐型」と「在宅型」があります。自宅で作業を行う在宅型であれば、自分自身で業務管理を行うことになります。会社勤めや常駐型と比べた場合、時間的な融通が利きやすいのがメリットといえるでしょう。

・人間関係においてストレスが少ない
「全く人と関わらない」というのは難しいですが、前述した在宅型であれば、一般的な会社勤めよりも人間関係のストレスは少ないといえるでしょう。常駐型の場合も、今後の案件依頼へつなげるためにも最低限の礼儀やマナーは意識しておくべきですが、社内コミュニケーションなど必要以上に配慮しなくて大丈夫です。フリーランスは基本的に期間限定ですから、就業場所の人間関係などはあまり気にせず働くことができます。

フリーランスのデメリット

フリーランスは自由度が高く働きやすいように見えますが、それらメリットだけではなくもちろんデメリットもあります。主に次の2点が挙げられます。

・収入が不安定になりやすい
フリーランスの場合、自分で案件を獲得することが多く、自ら営業活動を行う必要があります。コンスタントに案件を獲得できれば収入も安定しますが、単発や短期の契約が続いたり、案件が獲得できない状況となると収入が不安定となってしまうでしょう。

・事務手続きをすべて自分で行う
会社勤めであれば、社会保険への加入や税金の管理、年末調整・確定申告などを総務部門にやってもらえますが、フリーランスの場合はすべて自分で行わなくてはなりません。この事務処理は案件の稼働時間に含めることができないため、勤務時間外に対応することになります。

派遣・契約社員の特徴

次は派遣・契約社員の特徴をメリットやデメリットにわけて紹介します。

派遣・契約社員のメリット

派遣で働く場合、主に次の2点のようなメリットが挙げられます。

・派遣先とのトラブル対応に追われない
派遣先との間に何かしらのトラブルが発生した場合、派遣元の企業が仲介に入るので、相談やトラブル対応を一緒に進めてもらえます。そのため、フリーランスと比べると、ITエンジニアとしての業務に専念しやすいといえるでしょう。

・福利厚生を受けることができる
契約内容によりますが、社会保険への加入や有給休暇の取得など、一般的な会社員と同じ福利厚生を受けることができます。福利厚生が整っていれば、安心して働くことができます。

派遣・契約社員のデメリット

・派遣会社により取り扱い案件が異なる
「こういったスキルを伸ばしたい」「この分野のソフトウェア開発のテストをやりたい」など、自分が希望している案件を特定の派遣会社からいつも紹介してもらえるとは限りません。これは希望する条件の案件がなくなってしまったり、アサイン状況が日々変化するためです。
とはいえ、派遣・契約社員として働く際は、自分の希望を担当者に相談しておくことで、キャリアプランに合わせた提案を考えてくれます。「今はこの条件に合った案件はないけれど、3ヵ月後に人員の入れ替えがあるので、そのタイミングで派遣先に提案をしてみましょう」など、親身に対応してくれるでしょう。

まとめ

フリーランスと派遣・契約社員の働き方について解説しました。
価値観が多様化していきている現代においては、ライフスタイルや働き方も様々ですが、メリットとデメリットがあることを忘れてはいけません。それぞれの働き方を正しく理解し、自分に合った働き方を選択していきましょう。

関連記事

2020.01.20

お役立ち情報

「案件がない」フリーランスエンジニアが継続的に受注するためには

2020.02.20

お役立ち情報

未経験でもチャレンジできる!製品の品質を守るテストエンジニア!

2019.07.17

お役立ち情報

技術だけが必要なわけではない!システムエンジニア(SE)に重要なスキル

2019.07.17

お役立ち情報

テストケース作成の成功パターンと失敗パターンをご紹介

2019.07.17

お役立ち情報

ソフトウェアの品質向上には資格が必要? 仕事で活かす方法や種類

2019.05.02

お役立ち情報

フリーランスエンジニアになるなら知っておきたい節税対策とは?

現在登録者数
6801
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。