エンジニアのためのお役立ち情報

デバッガーとテストエンジニアの違いとは?

理想のキャリアを目指す際、そのキャリアはどのような役割をもち、どのような業務を行っているのか、事前に把握することがとても重要だとされています。
これはITエンジニアにおいても同じです。例えば、ソフトウェア開発において、「動作の確認」や「バグ・不具合の発見」を行うデバッガーとテストエンジニアは同じ職種として扱われることがよくあります。しかし、この二つの職種が持つ役割は大きく異なります。

今回はそんなデバッガーとテストエンジニアの違いについて解説いたします。

デバッガーとテストエンジニアの違い

デバッガーとテストエンジニアはどちらも開発されたシステムやソフトウェアのバグ・不具合をリリース前に発見し、インシデントを未然に防ぐ役割を担っています。具体的には仕様書やテストケースに従って、開発されたシステムやソフトウェアのテスト・検証を行います。要件定義で設定された通りの動作を行えているのか、意図と反した動作になっていないか確認を行います。

ここまでの作業、「テスト実施」にかかわることが共通しているため、デバッガーとテストエンジニアの違いがわからない方もすくなくないのではないでしょうか。

デバッガーの業務内容

まずはデバッガーの一般的な業務内容をご紹介いたします。デバッガーは、テスト仕様書やテストケースをもとにテストを実施し、プログラムにバグや不具合が存在しないか確認し続けます。
バグや不具合を発見したら、不具合報告書にテスト結果を記録しエビデンスを取ります。この時、だれが読んでも理解できる記述にすることが重要となります。
この不具合報告書をもとに、開発工程のエンジニアは原因を究明し、原因となるプログラムやソースコードを修正します。そのため、デバッガーには可能な限り多くのテストを実施することと、テスト結果を正しく不具合報告書に記載することが求められます。

テストエンジニアの業務内容

続いて、テストエンジニアの一般的な業務内容をご紹介いたします。
テストエンジニアはテスト実施するだけでなく、テスト設計やテスト仕様書・テストケースの作成など、デバッガーよりも広い領域を担当します。
ソフトウェアテストのプロジェクトでは、テストエンジニアが作成したテスト仕様書やテストケースをもとにテスト実施が行われるため、ソフトウェア開発における品質管理という大切な役割を担います。
そのため、案件によってはテストエンジニアとしての経験に応じ、プロジェクトマネージャー(PM)やプロジェクトリーダー(PL)といった管理職としてアサインされることも珍しくありません。

テストエンジニアの将来性

ソフトウェアが生活にあふれている現代では、問題なく利用できるソフトウェアを開発するための品質管理、ソフトウェア品質にかかわる技術は非常に注目を集めています。
一部の職種では「AIの普及により、いずれ仕事を奪われる」と懸念されますが、ソフトウェアテストでは要件に含まれない不測の事態を想定したテスト設計、仕様書やテストケース作成などを行う必要があります。この不測の事態を想定することは既存のAIに任せることができない領域なので、テストエンジニアは仕事を奪われることがありません。
つまり、人が触れるサービスや製品がなくならない限り、テストエンジニアは安定して働くことができる仕事といえるでしょう。

デバッガーからテストエンジニアへ!

デバッガーとしてバグや不具合を見つけ出す経験を積むと、テストエンジニアへの近道となります。
デバッガーとしてテスト実施に取り組む経験は、テストケース作成やテスト設計を行う上では欠かすことのできないスキルとなります。さらに、日々の業務の中でバグや不具合などの原因を考えて取り組むことで、プログラミングの技術に触れることができ、開発者としてのスキ ルアップにもつながります。
このように、テスト実施は「正しく動作しているか」を利用者の視点だけでなく、開発者の視点からも取り組むことで、プロジェクト全体を考えるプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーと同じ視点で業務を行うことができるため、キャリアのチャンスを広げることができるでしょう。

テストエンジニアでキャリアのチャンスが広がる

テストエンジニアを経験すると、キャリアプランの選択肢が広がります。下記に、主なキャリアプランを6つ、ご紹介いたします。

(1)プロジェクトマネージャー(PM)・プロジェクトリーダー(PL)
(2)品質コンサルタント
(3)セキュリティ系のエンジニア
(4)テスト自動化エンジニア(SETエンジニア)
(5)ドメインスペシャリスト
(6)テストマネージャー・テストリーダー

上記の詳しいキャリアについてはこちらの記事で紹介しています。
テストエンジニアの6つのキャリアパスをご紹介!

テストエンジニアになると年収は上がる?

キャリアプランを考える際に気になるのは、その後の収入ですよね。
担当する業務内容によって収入の増減はありますが、デバッガーやテスターをアルバイトで行っている方は、今までの経験を活かし雇用契約を勝ち取ることができるため、大幅な収入アップが見込めるでしょう。その後もスキルを磨き続けることで管理職を目指せば、年収が2倍以上になることも夢ではありません。

 

もし、まだアルバイトとしてデバッガーに取り組んでいる方がいらっしゃいましたら、改めてキャリアプランを見直し、テストエンジニアへチャレンジしてみてはいかがでしょうか

テストエンジニアの案件例

テスト・品質案件に特化し案件をご紹介している「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)」 では、以下のような種類のテスト案件をご紹介しております。

(1)管理・テストマネージャー
(2)設計・テストエンジニア
(3)実施・テストケース作成
(4)実施・テスター
(5)テスト自動化
(6)品質管理
(7)品質コンサル

テストプロジェクトの上流から下流まで、様々な案件が紹介されているため、ご自身のスキルやキャリアに合わせて案件を選び、よりスキルの高い案件にチャレンジすることも可能です。デバッガーに限らず、ITエンジニアとしてご経験者がおありであれば、ぜひ「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)」の掲載案件をご覧ください。

まとめ

デバッガーもテストエンジニアと同様にバグや不具合を見つけることが主な目的ですが、テスト設計やテストケース作成など、プロジェクトの中でも関わる領域が大きく異なります。

デバッガーとしてテスト実施を極めるだけでなく、今までの経験を活かし、テストエンジニアとしてより広い領域で活躍してみませんか。
もしご自身のITエンジニアとしてのキャリアプランにお悩みであれば、コーディネーターがキャリア形成をご支援させていただけますので、「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)」にぜひ一度、ご登録ください。

関連記事

2019.09.04

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)にとってコミュニケーション能力が必要不可欠な理由をご紹介

2019.05.02

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)の役割とは?必要なスキルとキャリアパスをご紹介

2019.12.18

お役立ち情報

「フリーランスor派遣・契約社員」ITエンジニアが悩む働き方改革とは

2019.04.10

お役立ち情報

プログラマー(PG)が今後考えるキャリアパスとは

2019.05.02

お役立ち情報

フリーランスエンジニアになるなら知っておきたい節税対策とは?

2019.08.23

お役立ち情報

テスト自動化エンジニアとは?仕事内容や今後の需要について

現在登録者数
6676
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。