エンジニアのためのお役立ち情報

プロジェクトマネージャー(PM)の役割とは?必要なスキルや資格をご紹介

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の管理を行い、無事に完了させるのが役割です。今後、プロジェクトマネージャーを目指す人にとってプロジェクトマネージャーとは具体的に役割をになっているのか、知りたいと思うのではないのでしょうか。
ここではプロジェクトマネージャーの役割について説明していきます。

プロジェクトマネージャーとは

一般的には、プロジェクトマネージャーが部長格、プロジェクトリーダーが課長格とされることが多いのですが、会社や組織の規模に応じて異なるため、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの裁量がプロジェクト毎に変わることもあります。

プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーはその名の通り、プロジェクトのマネージャーです。担当するプロジェクトの責任を負う立場にあるため、必要な人材やコストを確保することから始まり、部下などプロジェクトに参画するメンバーを指導し、進捗状況を確認しながらプロジェクトを成功へと導くことを役割としています。
こうした指揮管理だけではなく、プレイングマネージャーという言葉もある通り、実際に現場で手を動かす人もいるため、その働き方は多岐に渡ります。

プロジェクトリーダー(PL)との違い

プロジェクトマネージャーの役割について説明してきましたが、プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いはどこでしょうか。ここでは、プロジェクトの現場でもよく混同されてしまうプロジェクトリーダーとの違いについて説明していきます。
プロジェクトリーダーはプロジェクトマネージャーとは違い、プロジェクトの遂行を担当する現場の責任者としての役割を担っています。システム開発の状況を把握し、チームを率いてプロジェクトを成功へと導きます。また、プロジェクトリーダーはプロジェクトマネージャーの補佐役を務めることもあります。
プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いをまとめると次のようになります。
【プロジェクトマネージャー(PM)】
・プロジェクトの最高責任者
・プロジェクト全体を管理
・クライアントとの交渉

【プロジェクトリーダー(PL)】
・プロジェクトを遂行するチーム内のリーダー
・プロジェクトの計画を実行
・プロジェクトメンバーへの指示・指導

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは責任を担う範囲や、現場に立つか否かで分別されることがほとんどです。前述のようにプレイングマネージャーとして現場で手を動かすもいれば、プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーを兼任し1人2役を担う人もいます。

プロジェクトマネージャーに必要なスキル

プロジェクトマネージャーの役割は、ITエンジニアからゼネラリストへとキャリアアップを図りたい人にとっては目指したいポジションの1つです。
そんなプロジェクトマネージャーを目指すためにはどんなスキルが必要となるのか紹介していきます。

マネジメント能力

プロジェクトマネージャーの役割からどのような場面でマネジメント能力が必要となるのか解説していきます。
IT業界では人材不足が深刻な問題となっているため、作業するエンジニアは外注や技術者派遣などで確保することも頻繁にあります。こうした人材の確保から、プロジェクトに参画しているメンバーの管理や進捗管理をしながらプロジェクト全体を運用していく能力が必要となります。
このようにメンバーやプロジェクトの進捗管理という舵取りをしながら、限られた時間内で納品を目指すためには、マネジメント能力は必須のスキルです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はプロジェクトマネージャーに限らず必須のスキルとされていますが、プロジェクトに参加しているメンバーとプロジェクトマネージャーでは、同じコミュニケーション能力でもよりより高度なスキルが求められます。具体的には次の3点です。

・クライアントのニーズを聞き出す
・チームをまとめるリーダーシップ
・情報をわかりやすく伝える

プロジェクトを開始するためにはまずクライアントから、どのようなニーズがあるのかを聞き出す必要があります。要件定義も同様ですが、クライアントのニーズを聞き出せないと何が必要なのかが不透明となるでしょう。ゴールが不透明であれば、そこに辿り着くために必要な人材やどのような技術が必要なのか見えなくなってしまいます。
また、プロジェクトを完遂するためにはチームをまとめることが必要不可欠です。状況を正確に把握することはもちろん、メンバーに抜けられてしまえばプロジェクトにも支障が出てしまいます。不平不満が爆発しないようフォローすることも時には必要となります。そんなメンバーに対して、クライアントからのニーズなど齟齬なく正確に伝えるために、いかにわかりやすく伝えられるかなどの能力も問われてきます。

技術力

もちろん、プロジェクトマネージャーだからといってマネジメント能力やコミュニケーション能力だけあれば良いというわけではありません。プロジェクトマネージャーだからこそ業界知識や専門的なテクニカルスキルなどが問われる場面が多々あります。
例えば、クライアントと話を詰めるときに業界知識がなければ話にならないこともありますし、専門的なスキルに対しての理解がなければプロジェクトの可能・不可能のジャッジもできません。
また、現場内において問題が発生したときも、専門的な知識がなければ何故そのような問題が発生していて、どのように鎮火すれば良いかなどの判断も困難となります。
クライアントやメンバーに安心してプロジェクト管理を任せてもらえるプロジェクトマネージャーであるためには、常に技術力は欠かせない能力なのです。

プロジェクトマネージャーになるためには?

続いて、様々な能力を求められるプロジェクトマネージャーになるためには、どのような方法があるのか紹介していきます。

スキルを磨く

まずスキルの基盤となるものがない人は基本となる知識を身に付けるところから始めましょう。学習においては資格を取得するなどが良いでしょう。
「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」「ITストラテジスト試験」「プロジェクトマネージャ試験」などの資格は、どのプロジェクトでも共通する知識が得られるため押さえておきたいところです。
「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」は未経験者からITエンジニアになった人がまず取得する資格です。未経験からプロジェクトマネージャーを目指す人であればきちんと取得をしておきましょう。

また、「ITストラテジスト試験」「プロジェクトマネージャ試験」は高度情報処理技術者試験に含まれる試験であるため、試験で測れる各技術分野において国内では最難関に位置する資格です。難易度はかなり上がりますが、ひとつのプロジェクトだけではなく多岐に渡ってプロジェクトマネージャーとして活躍するために役立つ資格ですので取得を目指したいところです。
次にプログラミングスキルを身につけておきましょう。
現在携わっているプロジェクトで扱っているプログラミング言語があるのであれば身近にそちらの言語から取り組むことをおすすめします。座学としての学習だけではなく、手を動かせる環境が整っているからです。
もし決まった言語がないようであれば汎用性の高さからJavaの学習をしておくと様々な案件で潰しが利くので道も広がります。

キャリアアップを目指す

下流工程を担当している人がプロジェクトマネージャーを目指すのであれば、まずは上流工程に携わることが必須です。上流工程はプロジェクト全体の管理や統括を行うことが仕事であるため、そこに携わることでプロジェクトマネージャーの仕事も見えてきます。その中で力を付けることで、プロジェクトリーダーとしてチームを指導する立場となり、プロジェクトマネージャーへの道も見えてくるのです。
なかなか上流工程への道が開けない人は、「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)」で扱いのあるテスト・品質案件の上流工程に関わる案件をご覧いただき、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

プロジェクトマネージャーを目指している人はその役割を知ることで、必要なものが見えてきたのではないでしょうか。
上の席が空くのを待っていたり、声がかかるのを待つよりも、積極的に行動をしていきましょう。

関連記事

2019.03.18

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)の平均年収はいくら?年収アップするための方法!

2019.03.18

お役立ち情報

憧れのフリーランスエンジニアになるには?必要なスキルと仕事の探し方をご紹介

2019.09.04

お役立ち情報

ソフトウェアの信頼性とは?

2019.03.25

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)に必要な資格とキャリアアップ方法!

2019.10.10

お役立ち情報

デバッガーとテストエンジニアの違いとは?

2019.04.10

お役立ち情報

フリーランスのシステムエンジニア(SE)になると年収は上がる!失敗しない独立方法

フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録 エンジニア求人サイト ソフトウェアジョブズへ フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(調査概要/調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年2月15日〜19日 調査概要:ソフトウエアテスト・検証会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代〜50代の男女1,137名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ)

現在登録者数
6398
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年10月31日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。