エンジニアのためのお役立ち情報

独立したい人必見!フリーランスエンジニアになる前に準備するべきことをご紹介!

フリーランスエンジニアとして独立を検討中の方は、どのように仕事を安定させるのか悩むことが多いと思います。今回はそんなお悩みを解決するべく、フリーランスエンジニアとして独立する前に行うべき事前準備についてご紹介いたします。

フリーランスエンジニアになる前に行うべき準備

フリーランスエンジニアになる前に準備しておくべきことはたくさんあるので、現在就業中の方は3か月前くらいを目安として準備を始めることをオススメいたします。多くの会社では、退職の1か月ほど前までに退職届を求めることが多いのですが、申請処理だけでなく業務の引継ぎなどで多忙となることが考えられるため、早めに準備をしておきましょう。

会社員時代にやっておくべき準備

・クレジットカードを作る
在職中にクレジットカードを作成しておきましょう。フリーランスになると、自営業扱いとなり、審査で不利にはたらくことが多くなります。特に実績がない、フリーランスエンジニアなりたての時には審査が通らなくなる可能性が高くなってしまうため、会社員のうちに作成しておくことをオススメします。

・ローンの見直し
自宅や愛車のためのローンがあるのであれば、返済計画を見直す必要もあるでしょう。収入が不安定になりがちなフリーランスの場合、これまでの返済計画では行き詰る可能性もあります。ローンの見直しや組み替えなど在職中に行うことをオススメします。

・不動産契約
不動産契約も、審査が必要となるため、自営業扱いとなると不利にはたらくことが多くなります。そのため、会社員のうちに行っておくことをオススメします。また、フリーランスエンジニアとしての実績が付かないうちも、自営業としては審査で不利になることが考えられるため、新規で契約するのも難しくなることが考えられます。お引越しを検討されるのであれば会社員のうちに行いましょう。

フリーランスエンジニアになるための手続き

・国民年金
年金は、会社員時代の厚生年金から国民年金に切り替えることになります。退職後にお住いの市区町村の役所にて、手続きをしておきましょう。

・国民健康保険
基本的にフリーランスの場合には、国民健康保険に加入します。任意継続をすることもできますが、2年間という制限があります。

・開業届
フリーランスエンジニアになった時に、開業届を出しておく必要があります。所得税の控除額を大きくすることができますので、税務署に開業届を出しましょう。

・確定申告
フリーランスの場合には、確定申告を自分で行う必要があります。確定申告には、白色申告と青色申告があります。手続きと控除額を比較すると、青色申告がオススメですが、青色申告承認申告書を提出する必要があるので、開業届と共に税務署に提出しておきましょう。

フリーランスエンジニアとして独立する前にやっておくべきこと

フリーランスエンジニアとして独立する前にやっておくべきことをご紹介します。フリーランスになると実際のお仕事だけでなく、自分で経理も行なければいけません。フリーランスになる前に知識をつけるなどの準備を進め、スムーズに開業できるように取り組みましょう。

経理関係

・事業用の口座を開設する
仕事用の口座と、プライベートの口座を分けるのがおすすめです。同じ口座で、プライベートのお金の流れと、事業用のお金の流れがあると、経費を抜粋するのが難しくなります。普段から記帳をしていれば把握できるかもしれないのですが、まとめて記帳をする場合では経費を探すのに時間がかかることでしょう。時間を節約するためにも、用途別に口座を開設しておきましょう。

・会計ソフトを用意する
スムーズに記帳するために、会計ソフトを使おうと考える方もいらっしゃるかと思います。よく利用されているのは、インストールの必要もなく、どのパソコンからでもアクセスできるオンラインの会計ソフトです。確定申告が便利にできるソフトも多いですので、機能を比較しておきましょう。

・請求書の雛型を作っておく
自分で仕事をする時には、自分で請求をして売り上げを回収する必要があります。その時に使用する請求書の雛形は用意しておきましょう。

仕事関係

・名刺
フリーランスエンジニアとして独立した後も仕事を獲得できるよう、人脈を広めておくと独立後の案件獲得に大きく影響いたします。そのために「いつ」、「どこで」、「誰に」あっても対応できるよう、いつでも名刺を渡せる準備をしておきましょう。名詞交換をすることで自分の事業を説明しやすくなりますし、お客様の信用をえやすくなるというメリットがあります。

・仕事場とネット環境
仕事場をどこにするのかも重要な問題です。自宅で仕事をするのでも問題ありませんが、集中できないという場合は、コワーキングスペースやシェアオフィスなどを契約する必要があります。ネット環境やパソコンなどの道具も高性能なものを用意し、対応できないことのないように準備しておくことをオススメします。

・ポートフォリオ
仕事が始まってしまうと、なかなか忙しく後回しになりがちですので、会社員時代に準備をしておきましょう。実績やスキルをアピールするのに、ポートフォリオは力を発揮します。

・備品
印鑑、封筒、切手などの細かい各種備品も準備しておきたいものです。机や椅子などの備品も揃えておくと、すぐに仕事に取り掛かれます。仕事場をどこにするのかによっても、どれほどの備品を揃えるのか変わりますが、あらかじめ準備をしておくことがオススメです。

フリーランスとして必要なスキル

フリーランスエンジニアの場合、自分のスキルが収入に直結します。そのため必要となるスキルを備えておくことが、フリーランスとしての収入を安定させる初めの一歩となることでしょう。

専門的な知識・スキルを備える

プログラマーなのであれば、プログラミング技術は必要になります。クライアントが求めているプログラムを提供するためには、充分なスキルが必要です。スキルを切り売りして対価を得るのがフリーランスですので、自分のスキルを高めておく必要があるでしょう。

もちろん経験を積み重ねることや、学び続けることでスキルや知識を向上させることができるので、フリーランスとして独立する前だけでなく、独立した後も学び続けていきましょう。これらのスキルは、フリーランスエンジニアとして目指す職種によって異なります。自分が目指している職種、プログラマーやシステムエンジニアには何が必要とされているのかリサーチをし、準備に取り掛かりましょう。

最後に、さまざまな経験を積むことは非常に大切になります。もし、独立前のお仕事で副業が可能となるのであれば、会社員のうちから案件をこなしていき、できるだけ多くのプログラミング経験を積み重ねましょう。

自己管理能力

フリーランスエンジニアの場合には、自分で案件を受注する必要があります。会社員の時には、営業担当者が案件を受注してきたかもしれませんが、フリーランスでは営業活動も全て自分で行う必要があります。

そのため、案件を受注するための営業力も、フリーランスには必須なスキルです。どのようなスキルを持っていて、どのようなプログラムが提供できるのか、クライアントにアピールする必要があるのです。自分で案件を受注するためにも、営業力は身に付けたいスキルになります。

さらに営業力と少し重なりますが、コミュニケーション能力も大切です。クライアントが求めているプログラムや要求を読み取り、分からなければ確認をする必要があります。仕事の多くの面で、コミュニケーションが取れるかどうかが成功を左右します。

最後に、スケジュール管理も求められる能力のひとつとなります。フリーランスの場合には、納期などをクライアントと相談しながら設定する機会が多くなることでしょう。設定された納期を遵守するために、どれほどの仕事をどのくらいの時間で進めていくのか、自身のタスク状況など、スケジュールを管理します。会社員時代には、間に合わなくてもフォローしてくれる上司や同僚がそばにいますが、独立することですべての責任を自身で負う必要がございます。

まとめ

フリーランスエンジニアとして独立をする前には、必要な準備をしておくことが大切です。得意分野を伸ばすだけでなく、案件の取り方なども学んでおく必要があります。また準備の中には、会社員時代にしておくと良い点も数多くあるのがポイントです。

これからフリーランスエンジニアとして独立する予定があるのであれば、この記事を参考にして準備を進めていくことをオススメします。計画的に準備を進めることで、フリーランスエンジニアとして良い出発ができるでしょう。

関連記事

2019.04.02

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)10種類の年収相場・仕事内容を徹底解説!

2019.07.17

お役立ち情報

テストケース作成の成功パターンと失敗パターンをご紹介

2019.09.13

お役立ち情報

フリーランスエンジニアに年齢は関係ない!一生働き続けるためのコツをご紹介

2019.04.02

お役立ち情報

フリーランスのテストエンジニアは高収入で自由なのか

2019.03.25

お役立ち情報

高収入も夢じゃない!フリーランスエンジニアの平均年収って?

2019.06.06

お役立ち情報

JSTQB認定テスト技術者資格とは?Foundation Levelの難易度は?

フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録 エンジニア求人サイト ソフトウェアジョブズへ フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(調査概要/調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年2月15日〜19日 調査概要:ソフトウエアテスト・検証会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代〜50代の男女1,137名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ)

現在登録者数
6398
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年10月31日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。