エンジニアのためのお役立ち情報

JSTQB認定テスト技術者資格とは?Foundation Levelの難易度は?

ソフトウェアテスト技術者資格のひとつとして有名なのが、JSTQB認定テスト技術者資格です。ソフトウェアテスト・第三者検証の案件に従事したことのある方のなかには、ご存知の方も多いと思いますが、JSTQB認定テスト技術者資格とは、どのような資格試験なのでしょうか?
ここでは、JSTQB認定テスト技術者資格の基本情報から、資格取得のメリット、概要と試験内容、そして合格へ向けての勉強法について解説していきます。

JSTQB認定テスト技術者資格とは

JSTQB認定テスト技術者資格とはどのような資格なのでしょうか?また、取得することでどのようなメリットがあるのでしょうか?まずはJSTQB認定テスト技術者資格の基本情報から見ていきましょう。

JSTQB認定テスト技術者資格の基本情報

JSTQB認定テスト技術者資格は、ソフトウェアテストに関する資格となります。この資格試験を開催しているのは、JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)という日本におけるソフトウェア技術者資格の運営組織です。
2005年4月には、各国のテスト技術者認定組織が参加しているISTQB(International Software Testing Qualifications Board)の加盟組織として認定され、海外でも有効な資格として利用されています。

JSTQBは、意思決定を行う運営委員会(Steering committee)、試験問題を作成する技術委員会(Technical committee)、産学からの意見をまとめる諮問委員会(Advisory committee)の3つの委員会から構成されています。
これらの委員会を構成するのは、国内で品質管理研究を行っている研究者やテストエンジニア、コンサルタントなどです。

資格試験にはFoundation LevelとAdvance Levelふたつのレベルがあり、それぞれ出題数と難易度、試験時間が異なります。Foundation Levelは出題数40問、試験時間は60分となっています。Advance Levelの出題はテストマネージャー範囲から65問、テストアナリスト範囲から60問出題されます。

JSTQBの資格を取得するメリット

JSTQBの資格を取得するメリットは、実はたくさんあります。基本的には、取得するために勉強し努力することで、テストエンジニアやQAエンジニアのスキルアップに役立ちます。
また、エンジニア間で知識を共有すれば、メンバー間だけでなくクライアントとの共通理解が深まり、お互いの認識のズレによるトラブルが少なくなるでしょう。

さらに前述のとおり、運営組織であるJSTQBがソフトウェアテストに関する国際的な資格認定機関であるISTQBに加盟していることから、海外で通じる資格であることも大きなメリットだといえます。

JSTQB認定テスト、ISTQB認定テストの違い

JSTQB認定テストとISTQB認定テストは、どのように違うのでしょうか?

大きな違いとしては、試験を開催している組織が異なるという点があります。
ISTQB認定テストを開催しているISTQBは、ソフトウェアの品質技術、テスト技術に関する資格認定団体です。その目的は、ソフトウェアテスト技術者の技術レベルに対し、国際的な基準を設けることで、「テスト技術者が国籍を問わず業務に従事できる環境を作ること」、「テスト技術者の人材育成を図ること」、「知識レベルの向上に寄与すること」となっています。

また、JSTQB認定テストとISTQB認定テストとでは、世界的な認知度がまったく違い、ISTQBの認定資格者は、110か国で約47万人という規模に上ります。一方、JSTQBは日本国内での認定者がおよそ1万3千人となっています。

JSTQB Foundation Levelとは

JSTQB認定テストには、「JSTQB Foundation Level」というレベルが設けられています。ここでは、このレベルの試験内容の概要と試験内容を見ていきましょう。

Foundation Levelの概要

Foundation Levelの試験形式は、複数の選択肢から正解を選ぶ選択式となっています。出題数はぜんぶで40問、試験時間は60分です。

試験問題は、ISTQB公式サイトで公開されているシラバスをベースにして出題されていますので、試験を受ける際にはまずISTQB公式サイトを確認しましょう。Foundation Levelをクリアすれば、システムやソフトウェアの評価・検証・テストに関する基礎的なレベルの技術を持っていることが証明されます。

参照:「テスト技術者資格制度Foundation Levelシラバス日本語版」

気になる合格率は、平均で40~50%と決して高くはありませんが、高いときは60%、近年では70%を越えたこともあるようです。

参照:「JSTQB認定テスト技術者資格試験実施データ」

Foundation Levelの試験内容

ここでは、Foundation Levelのより詳細な試験内容を見てみましょう。試験内容は、大きく分けて以下の6つです。

・テストの基礎
テストの必要性、テストとはなにかといった基礎的な部分からの出題です。

・ソフトウェアライフサイクルを通じてのテスト
ソフトウェア開発モデルやテストレベルといった部分からの出題です。

・静的技法
静的技法とテストプロセスやツールによる静的解析といった部分からの出題です。

・テスト設計方法
テスト開発プロセスや構造ベース/ホワイトボックスのテスト技法といった部分からの出題です。

・テストのマネジメント
テスト組織やテスト進捗のモニタリングとコントロールといった部分からの出題です。

・テスト支援ツール
テストツールの種類や組織へのツールの導入といった部分からの出題です。

JSTQB Foundation Levelの勉強法

JSTQB認定テスト技術者資格に限らず、資格取得試験においては、資格取得を確実なものとするために、限られた時間の中で効率的に勉強することが大切です。ここでは、JSTQB Foundation Levelの有効な勉強法を見ていきましょう。

公式テキストを活用する

・市販のテキストを教材にする
オーソドックスな方法ですが、JSTQB Foundation Levelのテキスト「ソフトウェアテスト教科書 JSTQB Foundation」が市販されていますので、それを使って勉強するのが基本となります。
それに加えて、無料JSTQB試験対策アプリ「テス友」、サブテキストとして「演習で学ぶソフトウェアテスト特訓150問」を用意しておくといいでしょう。英語対策には「Udemy」を、用語集として「ソフトウェアテスト標準用語集(日本語版)」も用意しておきます。

参照: 「テス友アプリ」
参照: 「演習で学ぶソフトウェアテスト特訓150問」
参照:「Udemy」
参照: 「ソフトウェアテスト標準用語集(日本語版)」

活用方法としては、「演習で学ぶソフトウェアテスト特訓150問」は要点の把握に、「ISTQB公式テキスト」は詳細の確認に使っていきます。英語対策のUdemyは試験の2週間前から使用し、制限時間を設けるなどして本番に近い形で問題を解いていきます。成果はテス友で確認しましょう。

・公式サイトのシラバスも使う
ISTQBの試験問題は、公式のシラバスをベースに出題されています。従って、試験勉強には公式サイトのシラバスを使うのも非常に有効です。

e-ラーニングやアプリで勉強する

JSTQBの試験勉強には、紙のテキストだけではなくアプリなどを使用するのも有効です。

・豆蔵のe-ラーニング
「SEplus」が主催している、ひとりで学習できるe-ラーニングです。場所と時間を問わずにいつでもどこでも自分の都合のいいときに勉強ができます。章立てに合わせたテストを用意しているので、苦手分野がわかりやすく、試験勉強をスムーズに進められるのが大きなメリットです。

また、スケジュールや成績の管理など、機能も充実しているので、勉強の進捗をうまく管理することができます。さらに、企業管理者が簡単に受験者の進捗を管理することもできます。参加人数に制限があるので、受験を希望している人は早めに申し込みをしましょう。

・テス友アプリ
iPhoneで使用できる、唯一のJSTQB試験勉強アプリです。収録されている試験問題は400問を超え、オリジナルの模試問題もあります。もちろん、最新のシラバスと用語集に対応しているので安心です。

まとめ

JSTQB認定テスト技術者資格は、JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)が認定している資格です。Foundation LevelとAdvance Levelふたつのレベルがあり、それぞれ出題数と難易度、試験時間が異なります。

者取得のメリットとしては、スキルアップやエンジニア間での共通理解などがあり、海外でも通用する資格です。ISTQB認定テストとの違いとしては、認定テストを開催している団体や認定資格者数の規模が挙げられます。

JSTQBの試験勉強には、市販のテキストに加えて、公式サイトのシラバスを併用するのが有効でしょう。「豆蔵のe-ラーニング」や「テス友アプリ」といったe-ラーニングや、専用アプリを活用すれば、さらに効率的な試験勉強ができるでしょう。

関連記事

2019.05.17

お役立ち情報

プログラマー(PG)の種類を徹底解説!自分の人生に合わせたキャリアアップとは

2019.03.18

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)の平均年収はいくら?年収アップするための方法!

2019.03.18

お役立ち情報

プログラマー(PG)の将来性って?生き残るために今からできること

2019.04.10

お役立ち情報

プログラマー(PG)からフリーランスになるための必要スキル!

2019.03.18

お役立ち情報

憧れのフリーランスエンジニアになるには?必要なスキルと仕事の探し方をご紹介

2019.06.06

お役立ち情報

ソフトウェア品質管理とは一体何?管理をするための資格や職種

お探しの案件は見つかりましたか?

あなたのお探しの案件は非公開案件の中にあるかもしれません。
サイトには掲載していない非公開案件が、全体の75%以上もあります。

専任コーディネーターがご案内いたします!

テスト・開発案件専門コーディネーターが、あなたに合った案件をご紹介いたします。

求人サイト利用度満足度第1位 求人サイト利用度満足度第1位

フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録 エンジニア求人サイト ソフトウェアジョブズへ フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(調査概要/調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年2月15日〜19日 調査概要:ソフトウエアテスト・検証会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代〜50代の男女1,137名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ)

現在登録者数
6323
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年8月31日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。