エンジニアのためのお役立ち情報

フリーランスエンジニアのデメリットとは!フリーでやっていくために必要なこと

エンジニアとして、ある程度の経験を積むと、キャリアパスを考える上でフリーランスを視野に入れる人もいるでしょう。フリーランスになると年収額が上がったという話もよく耳にするかもしれません。しかし、フリーランスになることはメリットばかりではありません。フリーランスになって上手くやっていくには、デメリットを認識しておくことも重要です。ここではフリーランスエンジニアのデメリットや、フリーランスになる準備としてやっておくべきことを解説していきます。

フリーランスエンジニアのメリットとデメリット

フリーランスエンジニアになると在宅型と常駐型の2種類に分かれます。在宅型は企業から発注された案件を自宅で作業する働き方です。常駐型は契約した企業や案件ごとに通い、作業を行う働き方です。常駐型はセキュリティなどのリスクマネジメントや、オペレーションフローの円滑化の為に企業のニーズが高く、安定して案件を獲得することができます。そのため、今後のフリーランスエンジニアは、企業に常駐する働き方が主流となるでしょう。では、フリーランスエンジニアへとキャリアチェンジしたときのメリット、デメリットを詳しく紹介します。

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスになった場合にまず実感できるのは自由度が増えることです。会社勤めだと、決まった時間に出勤して決まった場所で仕事をしなければなりません。これに対して、フリーランスなら案件ごとに就業先や勤務時間が異なるため、自身の働き方に合わせて選択することができます。
また、案件によっては気分転換として仕事をする場所を変えることも可能です。しかし、すべての仕事がそうというわけではありません。規模の大きなプロジェクトになると、セキュリティの観点から、会社内に常駐して仕事をすることが必須となりノマド的なはたらき方は出来ないことがあります。
休日や休憩も案件に応じ選択することが可能です。もしも、家族が体調を崩してしまったときには、看病するために時間を取ることもできるでしょう。自由度の高い案件では、私用で仕事を一時中断して外出しても問題なく、観光地が閑散とする時期に休みを作って家族旅行にいくこともできます。
以上のように、ある程度、はたらき方を選べるのもフリーランスのメリットのうちのひとつです。会社勤めだと自分の価値観に合わないことだけを理由に断ることはできませんが、フリーランスならやりたい仕事を選択し、引き受けることができます。報酬の高い仕事を請け負うのも、自分の成長に繋がる仕事を請け負うのも自由です。
また人間関係の悩みも減ることが多いです。馬の合わない人と無理をして付き合う必要はありません。付き合いのための飲み会なども減るのではないでしょうか。

フリーランスエンジニアのデメリット

フリーランスのデメリットとして分かりやすいのは、収入が安定しないことです。会社勤めのエンジニアはフリーランスエンジニアよりも仕事がなくなってしまう不安は少ないでしょう。
フリーランスエンジニアは、毎月の収入は約束されていません。そのため、仕事がなくなる可能性と隣り合わせで仕事をしています。ときには報酬の高い仕事を請け負ったときや仕事の量が多いときは高収入ですが、仕事が減ると収入もそれに合わせて減ってしまいます。
会社勤めをしていたときよりも、フリーランスになってからの方が収入は上がる人もいますが、毎月の収入に安定はしません。
そしてこれまで受けていた福利厚生もなくなります。会社勤めだと、厚生年金や健康保険に加入していますが、フリーランスになると国民年金保険料と国民健康保険料を収めなければなりません。これまでと違って会社が負担してくれることがないため、負担が重く感じられるでしょう。
ボーナスももらえなくなります。そのため、毎月の収入が増えたとしても、年収額はさほど変わらないかもしれません。 また、フリーランスだと何もかも自分でやらなければならないため、雑務が増えます。会社勤めなら営業や経理の人がやってくれていたことも自分で行う必要があり、エンジニアの仕事以外でも時間を取られることがあるでしょう。

デメリットを回避する!?フリーランスエンジニアになる際に必要なこと

フリーランスエンジニアになる際に必要となるスキルについて見ていきましょう。技術面でのスキルに加えて、フリーランスだからこそ必要なスキルもあります。

フリーランスエンジニアでのデメリットを回避するために必要なスキル

フリーランスになれば、自分で仕事を取って来なければいけません。おそらく、会社勤めのエンジニアとして仕事をしていたときに築き上げてきた人脈を元にして仕事を獲得するフリーランスエンジニアが多いことでしょう。また求人サイトや案件紹介サイトで仕事を探すフリーランスもいますが、いずれの場合にも仕事を獲得するには営業力が必要です。
また、営業力とよく似ていますがコミュニケーション能力も、会社勤めのエンジニア以上に重要度が増します。営業活動をする上で必要なのはもちろんのこと、プロジェクトに参加して仕事をする際にもコミュニケーション能力がないと務まりません。フリーランスだと、短期間だけのプロジェクトに参加する機会も多いため、初対面の人とも上手く打ち解け合える人の方が向いているでしょう。
そして、フリーランスは何かトラブルに巻き込まれた場合に誰も守ってくれません。自分で何とかする必要があります。そのため法律の知識もある程度身につけておくのが望ましいでしょう。
フリーランスエンジニアのデメリットは数多くあります。しかし、派遣エンジニアなどの契約社員であれば、フリーランスエンジニア同様に好きな案件を選択しはたらくことできます。また、エージェントが案件を紹介してくれるケースが多く、案件終了と同時に仕事がなくなってしまうことも少なく、福利厚生を受けられることもあります。フリーランスとして独立するだけでなく、案件単位ではたらくエンジニアに一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

フリーランスエンジニアとして技能面で取得しておきたいスキル

技術面での必要なスキルは、活躍する分野によって違ってきます。基本的に自分がやりたい仕事で必要となる知識や技能を身につけておけば問題ありません。
初歩的なことであればフロントエンドエンジニアには、HTMLやCSS、JavaScriptなどのスキルが求められます。アプリケーション開発などを担うバックエンドエンジニアならPHPのスキルが重要でしょう。WEBデザイナーならPhotoshopなどのデザインソフトを使いこなせなければなりません。インフラエンジニアなら、サーバーに関する知識が求められます。

フリーランスエンジニアとしてやっておく上の注意点

フリーランスエンジニアとしてやっていく場合の注意点について見ていきましょう。

タスクの管理を徹底する

自由度が高いのがフリーランスのメリットですが、その反面でタスク管理が難しくなる場合も多いです。会社勤めのエンジニアと異なり、フリーランスエンジニアの場合、タスクを管理してくれる上司はおらず、日々のタスク管理を怠ると、納期が近づくにつれ辛くなることも少なくないでしょう。
いつまでにどのくらいまで仕事を進めておくのか、きちんと計画を立てて実践することが重要です。あまりにたくさんの仕事を抱えて中途半端になってしまう人もいるため注意しましょう。
また疑問点が残ったまま仕事を進めてしまうと、後からトラブルに発展してしまう可能性もあります。なるべく疑問点は解消した上で、仕事に取り掛かりましょう。契約金額が適正かどうかを判断する上でも疑問点の解消は大事です。 そしてトラブルに遭遇した場合に損をしてしまわないように、法律について詳しくなっておく必要があります。特に業務委託契約についてはよく知っておきましょう。

フリーランスエンジニアだからこそ体調管理はしっかりと行う

フリーランスは体調を崩して寝込んでしまうと、その分だけ収入に影響が出てきます。そのため体調を崩さないように健康に気を遣うことが大事です。運動不足になりがちであるため、ジョギングやウォーキングなどをして、積極的に身体を動かすようにしましょう。隙間時間などに行うと、よい気分転換になり、仕事の集中力も上がります。
もし健康面での不安が大きければ、フリーランスではなく契約社員のエンジニアとしてはたらくこともおすすめです。契約社員なら社会保険に加入できるので、体調不良や怪我などで仕事を長期間休んでしまった場合には健康保険から傷病手当金が支給されます。収入が大きく減ってしまうことがないため、安心してはたらくことができます。 そうした契約社員としてのエンジニア案件をお探しの方はぜひ、「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)」をご覧くださいませ。
フリーランス向けの案件だけでなく、福利厚生が整っている案件を多く取り扱っています。ぜひ一度ご覧いただき、取り扱いの案件についてご検討くださいませ。

フリーランスエンジニアは税金関係が面倒?

フリーランスになると税金関係の手続きも自分で行わなければなりません。特に確定申告書を作るのには時間がかかります。税金や簿記に関する知識も必要です。十分な知識がないと、税金で損をしてしまうこともあるでしょう。
契約社員であれば正社員と同様に、会社が年末調整を行ってくれるため、税金に関することはノータッチで済みます。社会保険料も会社が半分負担してくれるため、金銭面でのメリットも大きいです。

まとめ

フリーランスエンジニアは、多少のデメリットはあるものの、自由度が高く年収アップも見込めます。もしフリーランスエンジニアになりたいのであれば、技術面のスキルだけでなく営業力や法律の知識なども少しずつ身につけていきましょう。

関連記事

2019.07.17

お役立ち情報

独立したい人必見!フリーランスエンジニアになる前に準備するべきことをご紹介!

2019.04.10

お役立ち情報

プログラマー(PG)が今後考えるキャリアパスとは

2019.09.04

お役立ち情報

ソフトウェアの信頼性とは?

2019.09.13

お役立ち情報

フリーランスエンジニアに年齢は関係ない!一生働き続けるためのコツをご紹介

2019.08.23

お役立ち情報

テスト自動化エンジニアとは?仕事内容や今後の需要について

2019.11.05

お役立ち情報

システムテストとは!テストの種類やスキルをご紹介!

現在登録者数
6473
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年12月27日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。