エンジニアのためのお役立ち情報

プログラマー(PG)の種類を徹底解説!自分の人生に合わせたキャリアアップとは

システムを構築するためには、システムエンジニアが作成した設計書に基づいて、プログラミング言語を使ってプログラムを作成するプログラマーの存在が欠かせません。
しかし、プログラマーといっても、実は様々な分野に分かれています。この記事では、プログラマーの種類やキャリアアップをするためのポイントを解説します。

プログラマー(PG)にも様々な種類がある

プログラマーは作業内容によって、種類が分かれています。プログラマーの種類を知ることは、今後プログラマーになりたい方が効果的に学ぶためだけではなく、他領域のプログラマーにフォーカスしておくことで異なる視点も見えてくるため有益でしょう。

プログラマー(PG)の種類

・Webプログラマー
Webプログラマーは、Webサイトに関わるプログラミングやシステム開発を行います。例えば、Webサイトを訪れたときに、メニューやカテゴリーを選んで、必要な情報を探しますよね。
この動作は、プログラマーが構築したユーザーの目に触れないサーバーサイドプログラムによって動作しているのです。日常生活の様々なシーンで利用されるようになったSNSも、Webプログラマーが構築したプログラムによって動作します。
Webサイトが生活必需品となりつつある現代においては、友人や親族にも利用される可能性が高く、たくさんのやりがいを感じることができるプログラマーといえるでしょう。

・アプリケーションプログラマー
Webサイトと同様にパソコンやスマホのアプリは一般的になり、多くの人が利用します。そのため、より多くの人に影響を与えるプログラマーになりたい方におすすめなのが、アプリケーションプログラマーです。友人や知人、家族など身近な人が利用しているアプリに自分も開発者として携わることができたのなら、やりがいだけでなく自信にもつながることでしょう。
また、近年需要が高まっているスマホアプリの開発などは、OSにより使用する言語が異なります。スマホアプリ開発のOSは、主にAndroidとiOSのふたつがあるため、複数の言語を習得する必要があるのが特徴です。 しかし最近では、OSが異なる場合でもひとつのソースコードで対応できる「ハイブリット開発」が注目を集めており、これからチャレンジする方にとってはチャンスかもしれません。

・組み込み系プログラマー
組み込み系のプログラマーは、主に家電製品や電子機器を制御するために組み込まれるソフトウェアのプログラムを構築します。家電製品にはマイコンという小型のコンピューターが組み込まれ、動作を指示するためのプログラムが搭載されています。。

・ゲーム系プログラマー
ゲーム系プログラマーは、名前のとおりゲームのためのプログラミングをします。仕様書や企画書に沿って、プログラミングをしていき、キャラクターの動きやBGM、さらには効果音がイメージどおりになるようにコードを書いていきます。

・汎用系プログラマー
汎用系システムというのは、大企業や政府機関向けの高性能で集中処理型の大型のコンピューターのこと。このシステムを開発していくのが主な仕事となります。新しいバージョンに移行する際に、設計書の内容に従ってシステムをアップグレードさせます。

・通信系プログラマー
通信系プログラマーは、ネットワーク機器に関連するシステムや、製品用のプログラムを開発します。データの送受信に関するプログラムがほとんどになります。最近では、クラウドサービスが普及してきていますので、通信系プログラマーが活躍する機会も多いでしょう。

・オープン系プログラマー
オープン系のプログラマーの仕事は、汎用機のシステムをパソコンのシステムに移行する際の開発です。例えば、病院の患者のデータベースや電子カルテなどの指定されたネットワーク内で複数のパソコンがアクセスできるようにします。

プログラマー(PG)が職種問わずに求められるスキル

多数のプログラマーがいますが、どの職種でも必要とされる共通のスキルというものがあります。基本的な事項ばかりですが、身に付けるだけで満足せず、スキルを磨き続けることが重要となります。

専門知識

プログラミングを行うには、プログラミング言語に精通していることは必須です。主なプログラミング言語は以下のものです。
・HTML
・CSS
・JavaScript
・PHP
・Java
・データベース言語SQL

もちろん、すべてのプログラミング言語を学ぶのは時間を要するため難しく、現実的ではないかもしれませんが、他領域のプログラマーに必要なプログラミング言語を学んでおくと、活躍の幅が広がります。アルゴリズムやデータ構造を理解していると、さらに質が高い作業が可能になるでしょう。

ヒューマンスキル

プログラミングに関する技術的なスキルだけではなく、良好な対人関係を築くためのヒューマンスキルも必要になります。そのために、身に付けておくべきスキルを見てみましょう。

・コミュニケーション能力
プログラミング自体は個人で行うことが多いとはいえ、考えをうまく言葉にしてクライアントや、システムエンジニアなどとよいコミュニケーションを取れてこそ、円滑に作業を進めていくことができるため、コミュニケーション能力の高さによってスムーズな仕事ができるのです。

・向上心
日々進化するプログラミング技術を常に把握しておく必要があります。新たなプログラミング技術によっては、今までの常識を覆すこととなる可能性もゼロではありません。これらの最新技術をいち早く察知するには、新しい事を学ぶ向上心を保つことが近道となります。

・注意力
プログラミング言語は少し間違えるだけで、システムが動作しなくなります。納期が差し迫った状況においてプログラミングの小さなミスを見逃すだけで、納品できなくなる危険性が高まります。
ミスを見逃さず細かな点まで注意深く確認できる注意力があれば、納期に間に合わせることも、質が高いプログラムに仕上げることもできるでしょう。

・論理的思考
システムエンジニアが書き上げた仕様書や設計書には、細かな点まで書かれていないケースもあります。仕様書などに書かれていない部分までを正確に読み解き、プログラムを組む手順を考えていくことができる論理的思考は重要となります。

・忍耐力
プログラムは仕組みを理解して完成させるだけではなく、完成したのちも、品質を高めるためにバグの発見や修正作業といった、テスト・検証までを根気強く繰り返す必要があるので、忍耐力も求められます。

資格

プログラマーが取得しておくとよい資格には、以下の様なものがあります。
・情報処理技術者能力検定
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・Ruby技術者認定試験
・C言語プログラミング能力認定試験
・Javaプログラミング能力認定試験
・Oracle Certified  Java  Programmer
・JSTQB認定テスト技術者資格

プログラマーになるには、資格が絶対に必要という訳ではありません。しかし、自分が持っているスキルを証明するために、上記の資格を取得していると、就職や転職活動の際にアピールすることができます。

プログラマー(PG)のキャリアパス

プログラマーがさらにキャリアアップするための、ポイントになる点を解説しましょう。

上流工程の担当者になる

まずは、上流工程の担当者になることが近道でしょう。上流工程というのは、クライアントからの要求を分析し、出てきた要求について現状や課題、必要性の定義をしていき、要件定義書にまとめ、システムとして具体化します。その後は、機能を装備するための仕組みを設計していくのです。

これらの上流工程は、システムエンジニア、プロジェクトマネージャー、マネジメント職になることで担当することができます。

また、上流工程に関わるチャンスを広げるためのひとつの手段として、上流工程に触れる機会が多いテストエンジニアとして案件を担当する、または、ソフトウェアテスト・第三者検証の業務をやり続けることが注目されています。 ソフトウェア品質の向上を目標とするその職務上、上流工程に触れる機会がおおく、キャリアアップが近づくのです。
SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)」では、テストエンジニア案件を中心に、品質案件を多数ご紹介しております。プログラマーがキャリアのチャンスを広げるきっかけにもなりますので、どのような案件があるのか、ぜひ一度ご覧くださいませ。

スペシャリストになる

特定のプログラミング言語に対して高い専門性を身に付けていると、スペシャリストやアーキテクストになるというキャリアパスにつながります。
ほかのプログラマーが経験したことがない問題でも、すぐに原因を解明し、解決策を導き出せるスペシャリストは、企業から重要視されるでしょう。

さらに、スペシャリストとして実績を積むと、フリーランスとして独立することも見えてきます。 ひとつの言語の案件を複数こなしていくと、どのような問題でもすぐに解決できるようになるでしょう。
スキルを身に付けているのであれば、ワーク・ライフ・バランスを充実させながら、プログラマーとして活躍することも可能になりまし、必要なスキルを身に付け、学び続けることでスペシャリストを目指すことができます。

まとめ

プログラマーには、複数の種類があります。どのプログラマーなのかによって、必要なプログラミング言語が異なるので、分野に沿ったプログラミング言語を習得する必要があるでしょう。
今からでもすぐに身に付けることができるスキルもありますし、長期にわたって学ぶ必要があるスキルもあります。必要なプログラミング言語の習得や、資格を取得することで、プログラマーとして活躍の幅を広げていきましょう。

関連記事

2019.09.13

お役立ち情報

フリーランスエンジニアに年齢は関係ない!一生働き続けるためのコツをご紹介

2019.05.02

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)の役割とは?必要なスキルとキャリアパスをご紹介

2019.09.13

お役立ち情報

プログラマー(PG)がマネジメント職を目指すために必要なスキルとは?

2019.05.17

お役立ち情報

フリーランスエンジニアのデメリットとは!フリーでやっていくために必要なこと

2019.05.23

お役立ち情報

ソフトウェアテストとは?その種類や技法をご紹介

2019.04.02

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)10種類の年収相場・仕事内容を徹底解説!

お探しの案件は見つかりましたか?

あなたのお探しの案件は非公開案件の中にあるかもしれません。
サイトには掲載していない非公開案件が、全体の75%以上もあります。

専任コーディネーターがご案内いたします!

テスト・開発案件専門コーディネーターが、あなたに合った案件をご紹介いたします。

求人サイト利用度満足度第1位 求人サイト利用度満足度第1位

フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録 エンジニア求人サイト ソフトウェアジョブズへ フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(調査概要/調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年2月15日〜19日 調査概要:ソフトウエアテスト・検証会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代〜50代の男女1,137名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ)

現在登録者数
6365
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年9月30日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。