エンジニアのためのお役立ち情報

フリーランスエンジニアになるために必要なスキルって?

フリーランスエンジニアとして活躍している方にとって、案件を獲得できるのかどうか、また受注した案件のプロジェクトを最後まで成し遂げることができるかという点は、気になるポイントです。
フリーランスのエンジニアとして仕事をする場合には、気軽に質問ができたり、手助けしてくれる上司はおらず、全て自分の力で対応する必要があるからです。では、フリーランスエンジニアとして独立し、活躍するためにはどのようなスキルが必要になるのでしょうか?

フリーランスエンジニアに欠かせないスキル

まずは、技術面から考えていきましょう。フリーランスのエンジニアとして案件を受注するには、複数のスキルを身に付ける必要があります。

1.技術力

会社勤めのころより、ITに関する技術力が高いということが、フリーランスエンジニアとして案件を受注するには必要なこととなります。
例えば、複数のプログラミング言語が使えるということは、複数の言語が組み合わさることが多いシステムでは必要なスキルのひとつであり、案件ごとに異なるスキルを求められている場合でも提案に応じることができるため、非常に重宝され市場価値が高くなります。

企業としても、プログラミング言語ごとに人を雇うよりも、複数の言語に対応できるエンジニアを雇う方が、様々な相談を行うことができ、重宝されることは明白です。もちろん、いきなり複数の言語を操れるようになる人はいませんが、将来的に複数のプログラミング言語を理解できるようになると、フリーランスエンジニアとして生きていくにはとても強い武器になるでしょう。

逆に、複数のプログラミング言語ができるのではなく、ひとつの分野に特化しているのも、市場価値が高くなります。広く浅くというよりも、この分野であればどのような問題でも解決できるというスキルがあれば、企業から重宝されます。

2.業務遂行能力

受注した案件に対して、業務遂行が必ずできて、能力が高いということもフリーランスのエンジニアには求められます。フリーランスとして生き抜くためには、会社勤めの頃よりこの部分のスキルが段違いに必要になると言っても過言ではないでしょう。
どの案件に対しても、柔軟に対応できるスキルがあれば、不測の事態に直面しても問題を解決することができるので、企業側にとって大きな力になります。

また、受注した案件に対して、すぐに成果を出せるというのも、フリーランスのエンジニアに求められているスキルです。フリーランスに求められているのは、これから業務をおぼえて作業をするというのではなく、即戦力になるということ。技術面ですぐに戦力となれるよう、自分のスキルを磨くことを忘れてはいけません。
正確に業務を遂行できるのも、フリーランスのエンジニアに求められることのひとつです。企業が求めている機能を、システムへ正確に実装することができると、企業から信頼される存在になれます。

さらにプラスアルファとして、業務の効率化を実現することができたり、クライアントに応じ効率化できる方法を提案できたりすると、企業から喜ばれるエンジニアとなれるでしょう。

技術以外に身に付けておきたいスキル

フリーランスエンジニアには、IT技術以外にも身に付けておくとよいスキルがあります。

営業力

最初に必要なのは、営業力です。自分がどれほど高いスキルを持っていたとしても、企業に知ってもらうことができなければ、案件を獲得することはできません。そこで必要になるのが営業力です。自分の強みを企業に正しく伝えて売り込む力が必要になるのです。

また、それに伴いコミュニケーション能力も必要です。企業が抱えている問題を解決するためには、ITスキルがあることはもちろんですが、コミュニケーション能力があることも必要です。クライアントである企業が何を求めているのか、また一番に解決して欲しい点を聞き取り、自分から動き回る積極性を求められます。

加えて、指示されるだけではなく、効率的に自分から作業を進められることも必要となります。いつも指示されないと動けないエンジニアの場合には、スキルがあってもプロジェクトを遅延させる要因となりえます。
効率的に仕事をし、プロジェクトを完遂するために、積極的に案件に取り組めるエンジニアが現場で活躍するのです。ただ、この部分は最も難しい部分ではあります。その場合は案件紹介サービスなどを使い企業に自分を売り込んでもらいましょう。

例としては当サイト、「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)」では、テスト・品質管理に関わる案件を中心にフリーランスエンジニア向けの案件も取り揃えておりますので、ぜひご覧いただき、ご検討くださいませ。

セルフマネジメント

フリーランスエンジニアという自分自身で仕事を行う立場だからこそ、セルフマネジメント能力が必要となります。その中には、体調管理ができるということも含まれます。
いつも仕事に忙しくしていると、身体を休めることができず、いざというときに体調を崩してしまうことにもなりかねません。身体をいつ休めるのか、自分で体調を管理することも、会社に属さない働き方だからこそ必要なスキルです。そのため、体調を管理することにはスケジュール管理も含まれるでしょう。

いつ休むのかメリハリをつけることも必要になりますし、忙しすぎるスケジュールも「効率的な働き方」とは言えません。スケジュールを調整してくれる上司のいないフリーランスエンジニアの場合には、スケジュールの管理も必要なスキルに含まれます。

さらに、売上管理スキルもフリーランスエンジニアだからこそ求められるスキルです。クライアントと契約し、納品できれば報酬を回収することが必要です。
企業に属していると、営業担当が収支に関する業務を担当していたことでしょう。フリーランスになると、売上管理も自分でする必要があります。帳簿に記帳し、お金の流れを管理することも、フリーランスエンジニアとして必要なスキルなのです。

スキルアップするための方法とは

これからフリーランスのエンジニアとして働きたい方に、スキルアップにつながるオススメの方法をご紹介いたします。

専門性を身に付ける

専門性を身に付けるのは、フリーランスエンジニアとして活躍するために必要です。自分が得意としている分野を明確にし、その分野でスペシャリストになることは、大切なスキルになります。

そのために、セミナーや勉強会に出席し、スキルを磨き続けるのも大切なポイント。IT業界は技術が常に進歩し続けるので、新しい技術に精通し、学び続ける意欲を維持し続けることが大切になります。
このスキルを参画したプロジェクトで活用し実績を積むことができれば、その実績が会社に評価され、スキルを判断してもらいやすくなったりします。技術を高め続けることも必要ですが、コミュニケーション能力などの、ヒューマンスキルも磨くことを忘れてはいけません。ITスキルだけにとどまらない、フリーランスのエンジニアだからこそ身に付ける必要があるスキルも、勉強しておきましょう。

自分から仕事を獲得する

フリーランスエンジニアは、自分で案件を獲得する必要があります。営業力と関係しますが、自分から仕事を探しにいく積極性があると評価につながります。フリーランスエンジニアとして働き続けると、案件を依頼する会社には知り合いや友人なども含まれるようになるでしょう。

会社勤めのエンジニアとして働いていたのであれば、その繋がりを通して仕事をもらうということもあります。仕事を獲得するためには、優れたコミュニケーション能力が必要となります。普段からIT分野の友人とよいコミュニケーションが取れていると、思わぬ場所から仕事を獲得することができるでしょう。

あなたが今、会社勤めのエンジニアとして働いている場合には、会社で担当している案件に支障が出ない範囲で副業を通し、経験を積むことも実績につながり、役立つでしょう。
フリーランスエンジニアはどのような実績を積み重ねたのかが、その人のスキルを判断するのに大切なポイントとなります。専門性のスキルとも重なる部分ですが、会社で仕事をもらえるのを待つだけではなく、可能であれば副業のために自分で案件を獲得していく力を養えば、その経験はスキルに変化します。

これらのように、フリーランスエンジニアにはITの技術だけにとどまらない複合的なスキルが求められるのです。

まとめ

フリーランスのエンジニアとして活躍するためには、ITスキルを磨くことももちろんですが、コミュニケーション能力のようなヒューマンスキルも非常に重要となります。
どれだけ自分のスキルを向上させることができるのかは、どれだけエンジニアとして活躍することができるかに繋がります。フリーランスのエンジニアとして働くことを望んでいるのであれば、今からでも伸ばすことができるスキルを見極めて、学び続けることを意識していきましょう。

関連記事

2019.09.04

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)にとってコミュニケーション能力が必要不可欠な理由をご紹介

2019.07.17

お役立ち情報

テストケース作成の成功パターンと失敗パターンをご紹介

2019.05.02

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)の役割とは?必要なスキルとキャリアパスをご紹介

2019.03.18

お役立ち情報

プログラマー(PG)の将来性って?生き残るために今からできること

2019.04.10

お役立ち情報

フリーランスのシステムエンジニア(SE)の働き方とは?高収入も狙えるって本当?

2019.10.10

お役立ち情報

在宅だけで生活できる?フリーランスエンジニアの実態とは。

現在登録者数
6473
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年12月27日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。