エンジニアのためのお役立ち情報

システムエンジニア(SE)がプロジェクトマネージャー(PM)へキャリアアップする方法

システムエンジニアの代表的なキャリアプランとして、現場管理を行うプロジェクトリーダーを経験し、プロジェクトの責任者であるプロジェクトマネージャーを目指すことがよく紹介されます。プロジェクトマネージャーになると、プロジェクトを成功させるためにシステム開発の全てを統括することが求められ、課せられる責任とともに、仕事のやりがいも大きくなることでしょう。
ここでは、システムエンジニアがプロジェクトマネージャーへのキャリアアップを目指すうえで大切なポイントを解説します。

システムエンジニア(SE)とプロジェクトマネージャー(PM)の違い

まずはあらためて、システムエンジニアとプロジェクトマネージャーのミッションや仕事内容、収入にはどのくらいの違いがあるのか、確認してみましょう。

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニアのお仕事は、クライアントからシステム要件をヒアリングし、システムの仕様や大まかな設計図を作成することから始まります。そのため、クライアントが何を望んでいるのかをくみ取り、システム開発に必要な工程や費用を見積もり、いかにクライアントの要求をシステムに取り入れ、どのように実現させるのかがポイントとなります。
基本設計で作成した機能を、どのような仕組みや技術で実装していくのかを決めるのもシステムエンジニアの仕事です。プログラマーがスムーズにプログラミングできる様に、仕様書を作成することもあります。また納品の前にはテスト・検証を行い、導入することが可能か、品質管理まで携わることがシステムエンジニアのお仕事となります。

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事内容

プロジェクトマネージャーも、クライアントからシステム要件をヒアリングし、どのような規模のシステムを構築するのか検討することから始まります。このシステムの構造や規模に合わせ、予算やスケジュールを見積もるだけでなく、プロジェクトの成功に必要な人員の調整(アサイン管理)を行い、プロジェクトチームを結成することが重要となります。
また、システムの製作段階から、問題なく納品できる状態を保つために必要なテスト・検証の実施など、品質管理も業務に含まれます。ただ、実際に作業を行うというよりも、プロジェクトチームのシステムエンジニアをまとめたり、プロジェクトの成功に向け必要な工程を管理・マネジメントすることがおもな業務内容となります。

そのため、プロジェクトチーム内の対人関係をサポートすることも、プロジェクトマネージャーの大切な業務のひとつとなります。クライアントの要件が大きく変更されることも多く、メンバーに負担がかかるときには、各セッションの進行を見ながらプロジェクトメンバーのタスク管理など、サポートすることも大切になります。

システムエンジニア(SE)とプロジェクトマネージャー(PM)の年収の違い

システムエンジニアとプロジェクトマネージャーは、業務内容や抱える責任の違いから年収にも差が生じます。
システムエンジニアの平均的な年収は550.8万円ほどとされています。経験年数やスキルアップとともに、年収も上がっていくことが期待され、フリーランスのシステムエンジニアになれば、スキルや能力に合わせて年収が600万円以上になることもあります。 プロジェクトマネージャーになると、プロジェクト全体を管理・マネジメントすることが主なお仕事になりますので、年収がシステムエンジニアよりも高くなる傾向にあり、システムエンジニアよりも100万円ほど上がるのでは、と期待されることが多いです。
プロジェクトチームの進捗管理に加え、社外のクライアントともシステムや納期の調整を行い、プロジェクト全体を管理する必要があるので、職務領域が広く年収も高くなるのです。

参照:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

システムエンジニア(SE)とプロジェクトマネージャー(PM)の役割の違い

システムエンジニアとプロジェクトマネージャーの役割の違いも見てみましょう。

・システムエンジニア(SE)
システムエンジニアは、プロジェクトチームの一員として担当の仕事を行います。プロジェクトマネージャーが決定した工程に従うだけでなく、仕様や要件の策定などの上流工程に触れる機会も多くなります。
また、状況に応じプログラマーとしてプログラムの実装作業を行う機会が増えるのも特徴です。システムエンジニアとして与えられた仕事を行うだけではなく、状況に応じてプログラミングを行い、チームの一員として能動的に動く必要があります。そのため、全体の工程や品質に関しては、プロジェクトマネージャーと同じ意識を持ちます。

・プロジェクトマネージャー(PM)
プロジェクトマネージャーは、システム開発を行うチームの取りまとめを行います。おもな役割としては実施者というよりも、プロジェクトの総責任者として、プロジェクトの進行管理や品質管理と、それに伴うプロジェクトチームの管理・マネジメントを行います。
随時発生するトラブルの対応やお客様の要件変更、納期の調整などのプロジェクトの進行に大きく関係する部分を担うのはプロジェクトマネージャーの役割となります。そのため、プロジェクトが成功するかどうかは、プロジェクトマネージャーの手腕にかかっているともいえるでしょう。
また、プロジェクトマネージャーを補佐する役割であるプロジェクトリーダーも、プロジェクトの成功に向けたプロジェクト管理に関わるため、将来的にプロジェクトマネージャーを目指すのであれば、やはりプロジェクトリーダーを目指すことが近道になります。

システムエンジニア(SE)からプロジェクトマネージャー(PM)になるには?

システムエンジニアがプロジェクトマネージャーを目指すには、段階的に経験を積み、キャリアアップを目指すことが大切です。そのために必要とされるスキルについて解説します。

プロジェクトマネージャー(PM)・プロジェクトリーダー(PL)になるためのスキルを身に付ける

システムエンジニアの業務上、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーを目指すには、多くの経験を求められます。
開発をメインに行うシステムエンジニアを続けているだけでは、マネジメントに必要なコミュニケーション能力や管理能力といったヒューマンスキルを蓄えるのは難しいでしょう。

システムを構築するという面では、システムエンジニアの業務に似ているのですが、プロジェクトチームを立ち上げる段階から、クライアントと相談しながらチームの人材確保などを行います。チームをまとめるだけでなく、クライアントとコミュニケーションをとり、納期までの調整を行う管理能力が必要になります。

異なる視点からエンジニアとして経験を積み、キャリアアップを目指す

プロジェクトマネージャーを目指すには、他の職種を経験することもよいでしょう。例えば、プログラマーとしてプログラミングを経験することで、プログラミングスキルを向上できるだけでなく、実際の作業工程やシステム開発の現場を経験することができ、キャリアアップのヒントを得られることがあります。

また、テストエンジニアとしてソフトウェアテスト・検証を経験することで、様々な技術に触れることができるだけでなく、バグや不具合の発生をできるだけ抑えた開発の仕方、工程を考える機会が多く、開発の上流工程を考える機会に恵まれます。 さらに、テストエンジニアとして第三者検証を行う場合、プロジェクトの品質管理から納品に至るまでの進行管理に関わることとなり、様々なマネジメント業務の経験が増えていくことでしょう。

これらのように、システムエンジニアからプロジェクトマネージャーにキャリアアップするために必要なスキルの中には、様々なエンジニア経験を得ることで、身に付けることが可能なスキルもあります。
システムエンジニアとしてのお仕事や案件にこだわりすぎることなく、新たな経験を積むことのできる案件や職種にチャレンジすることも、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

システムエンジニアがプロジェクトリーダー、そしてプロジェクトマネージャーへとキャリアアップするためには、様々なスキルを身に付ける必要があります。そのために同じ仕事をこなすだけではなく、自身の目指すキャリアップに必要な経験を積み重ねることが求められます。
多くの経験を積むための案件探しの手法として、ソフトウェアテスト・検証に関わる品質案件を多く取り扱う、「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ)」もご覧いただき、ぜひご活用くださいませ。

関連記事

2019.10.10

お役立ち情報

デバッガーとテストエンジニアの違いとは?

2019.07.17

お役立ち情報

技術だけが必要なわけではない!システムエンジニア(SE)に重要なスキル

2019.09.13

お役立ち情報

プログラマー(PG)がマネジメント職を目指すために必要なスキルとは?

2019.03.18

お役立ち情報

憧れのフリーランスエンジニアになるには?必要なスキルと仕事の探し方をご紹介

2019.10.10

お役立ち情報

在宅だけで生活できる?フリーランスエンジニアの実態とは。

2019.06.11

お役立ち情報

ソフトウェアの品質管理はどう行う?その手法をご紹介

現在登録者数
6446
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年11月30日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。