エンジニアのためのお役立ち情報

システムエンジニア(SE)10種類の年収相場・仕事内容を徹底解説!

システムエンジニアと聞いて10種類も挙げられる人はなかなかいないのではないでしょうか。システムエンジニアではない人からすると、「どれも同じだと思っていた」と言うのが本音という人も多いでしょう。
ここでは10種類のシステムエンジニアについて、職種ごとの年収相場(当社調べ)とともに解説しています。転職やスキルアップを考えているシステムエンジニアの方、システムエンジニアにこれからなろうとご検討中の方は、必見です。

システムエンジニア(SE)について

システムエンジニアとは、情報技術(IT)技術者を指す職種のひとつです。一般的には、理系の仕事という印象を持たれる方も多いですが、業務の内容からすると文系の能力が求められることも多数あるので、文系・理系共に活躍している業務分野があります。

システムエンジニア(SE)とは?

システムエンジニアは、顧客の要求からシステムの概要や仕様を決め、大まかな設計を行います。システム開発における上流工程を担当し、予算や人員調整、進捗管理などマネジメント業務も並行して行います。
クライアントとの会話や設計図を元にして、顧客が望んでいるシステムがどのようなものかをくみ取り、要求をシステムの中に落とし込む段階では、分かりやすくプログラマーに伝える必要があるのです。

システムの設計を技術的に行うだけではなく、顧客とプログラマーの間に立って連絡を取るので、コミュニケーション能力や分かりやすく解説できる論理的な文章力が求められるのが特徴です。コンピューター開発における、提案、設計、開発、テストまでに携わるので、業務内容は幅広くなります。

システムエンジニア(SE)の種類は大きく分けて「開発」と「インフラ」のふたつ

システムエンジニアの種類を大きく分けると、開発とインフラのふたつに分けることができます。
開発を行うシステムエンジニアは、ゲームやパソコンのソフト、スマートフォンのアプリなどの開発を担当します。開発したサービスが、アプリやソフトという目に見えるサービスとして提供されるので、目に触れやすいサービスを裏で支えている担当者ともいえるでしょう。

反対にインフラを担当しているシステムエンジニアは、表からあまり目に見えない分野で業務を行います。パソコンのソフトやWEBサイト、また、その他のツールのサーバーという環境の元で働きます。

サーバーの設定を行い、ネットワーク機器を接続し、様々なデータを管理するのがインフラ系のシステムエンジニア。開発系のエンジニアが開発するソフトやアプリの環境を整えるのが、インフラ系のシステムエンジニアの業務です。

インフラ系エンジニアの各仕事内容

まずはインフラ系のエンジニアの各種仕事内容を見ていきましょう。

インフラエンジニア

インフラという言葉は、インフラストラクチャーという単語の略語です。システムの土台となったり、下部構造を構築したりするのが、このインフラエンジニアの主な仕事です。ソフトウェアやネットワーク、またデータが円滑にやり取りできるように、設備を構築し、運営、管理するのが主な業務になります。
年収はおよそ500万円台になりますが、最高年収と最低年収に差が開きがちな業務です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計、構築、監視や運用などが主な業務となります。システムやネットワーク間のデータのルート作りをするのがネットワークエンジニアの仕事。

システム障害が起きない限り、通常の運用は一人でも担当できるほどの業務量ですが、企業にとってネットワークは生命線でもあります。大切なネットワークを管理するために人材が必要とされる業務です。年収は600万円台の方もいて高めです。

データベースエンジニア

サイトなど大量のデータベースに特化しているエンジニアです。企業に集まった顧客データなどを元にして、企業の経営戦略も考えます。
経験やスキルによって変動があるものの、経験があれば年収は400万円台前半から600万円近くになります。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、一度システムが完成した場合に、微調整や保守管理というのが主な業務内容になります。新しい事に挑戦したいという方にとっては、少し退屈な業務になったり、OSやアプリのインストール設定をしたりなど、業務が多種に渡るのがデメリット。
新しいサーバー用に求人を出すというよりも、条件に合った即戦力が求められるため、想定年収の多くは400万円から。条件が多いほど年収も高くなります。

開発系エンジニアの各仕事内容

開発系のエンジニアの仕事内容も確認していきましょう。

Webエンジニア

Webエンジニアは、モバイルサイトやWebアプリを開発するのが主な業務となります。SNSやChromeやSafariなどのブラウザを通して動くアプリケーションの開発を行います。
業務内容のほとんどは、プログラミングで、ユーザーのアクセスに合わせて適切なデータを提供できるようなプログラムを設計します。年収は400万円から600万円と平均よりは高くなるのが特徴です。

ゲームエンジニア

その名のとおりゲームを作っているゲームエンジニアですが、一人でゲームを作るのではなく、複数人数のチームでゲームを制作します。ゲームの種類も多岐に渡るので、オフラインゲーム専門、オンラインゲーム専門と専門に分かれて開発することが多いです。
必要なプログラミング言語は、C言語かC++、スマホのゲームであれば、JavaかObjective-Cなどの基本的な言語が分かれば開発できます。想定年収は550万円からです。

プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアが書く設計書に従って、プログラミング業務を行います。プログラミング言語は、Java、JavaScript、Perl、PHP、Objective-Cなど多岐に渡ります。
年収は419万円とIT業界の中では低い方で、高くても500万円となっています。対応できる言語が多いと年収も高くなりますが、スキルへの評価が明確なため、他のエンジニアより査定が厳しく、年収が低い傾向が見られます。

テストエンジニア

開発が行われたソフトウェアやIT・電子機器が正常に動くのかをテストし、分析や検証をするのが主な業務内容。ソフトが動くのか検証作業のみを行う場合と、ソフトの設計にも携わる場合があり平均年収に差が生じます。
450万円からとなりますが、経験があればチームにアドバイスすることもできるので、年収が大きく上がる傾向があるのです。

プロジェクト全体を常に見ているので、プロジェクトマネージャー(PM)やプロジェクトリーダー(PL)というキャリアアップに有効な業務が多く含まれます。製品を送り出す前に十分なテストをすることは不可欠なので、今後さらにIT化が進むにつれて複雑なシステムが増えるとさらに需要が高まってくる職種です。

エンベデットエンジニア

エンベデットエンジニアは、組み込み系や保守系エンジニアとも呼ばれています。家電製品などにもソフトウェアが組み込まれていますが、機器のシステムに指示を出すためのプログラムを作成する業務を行います。
想定される年収は、使用される言語によって100万円ほど変動しますが、平均で600万円といわれています。主な業務としてソフトウェアの開発になるのですが、そのソフトウェアが組み込まれるハードウェアに関する知見があると、エンジニアとして活躍する場面が広がります。

まとめ

ひとくちにシステムエンジニアといっても、大きく分けると10種類ほどに分かれており、業務内容も異なっています。システムエンジニアに興味があるのであれば、自分がしたい業務がどのようなものかを考えてから決定すると良いでしょう。
IT業界は、今後さらなる人材不足が指摘されています。必要なスキルを身に付けているのであれば、多くの企業で必要とされるでしょう。既にシステムエンジニアであっても、新しい分野に挑戦することでキャリアアップを目指しましょう。

関連記事

2019.03.18

お役立ち情報

QAエンジニアとは!仕事内容やキャリアパスについて

2019.04.25

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)がプロジェクトマネージャー(PM)へキャリアアップする方法

2019.05.23

お役立ち情報

ソフトウェアテストとは?その種類や技法をご紹介

2019.05.23

お役立ち情報

ソフトウェア品質って何?評価するための方法や定義

2019.04.25

お役立ち情報

フリーランスエンジニアになるために必要なスキルって?

2019.06.06

お役立ち情報

JSTQB認定テスト技術者資格とは?Foundation Levelの難易度は?

お探しの案件は見つかりましたか?

あなたのお探しの案件は非公開案件の中にあるかもしれません。
サイトには掲載していない非公開案件が、全体の75%以上もあります。

専任コーディネーターがご案内いたします!

テスト・開発案件専門コーディネーターが、あなたに合った案件をご紹介いたします。

求人サイト利用度満足度第1位 求人サイト利用度満足度第1位

フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録 エンジニア求人サイト ソフトウェアジョブズへ フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(調査概要/調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年2月15日〜19日 調査概要:ソフトウエアテスト・検証会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代〜50代の男女1,137名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ)

現在登録者数
6216
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年6月30日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。