エンジニアのためのお役立ち情報

高収入も夢じゃない!フリーランスエンジニアの平均年収って?

エンジニアでもフリーランスになると自由な働き方ができると注目されています。フリーランスエンジニアになると、働く人が自分の都合に合わせて働くことができるだけではなく、年収も高くなると評判です。
ではエンジニアがフリーランスになると、年収が高くなるのでしょうか?フリーランスエンジニアが年収をアップさせるために気を付けたい点と合わせて紹介していきます。

フリーランスエンジニアは会社員より年収が高いって本当?

エンジニアが会社員として働く場合とフリーランスとして働く場合で、年収がどのように変化するのか比較していきましょう。

会社勤めのエンジニアの場合

会社員エンジニアの場合の、平均年収の移り変わりは以下のようになります。

IT業界に携わる人材の年代別平均年収
20代:約300~400万円
30代:約400~500万円
40代:約500~600万円
50代:約600~700万円

参照:厚生労働省「平成29年 賃金構造基本統計調査」

 

特徴となるのは、年齢が上がるにつれて年収も着実に上がっているという点です。正社員の場合には、勤続年数が上がるにつれて、年収も上がっていきますので、年齢と収入は比例して向上する傾向があります。
日本全体の平均的な年収と比較すると、会社員エンジニアでも平均よりは高い水準となっています。もちろんエンジニアでも業種によって年収が変わりますが、エンジニアという職種上、平均よりは高くなることが多いでしょう。

参照:平成29年分民間給与実態統計調査結果

フリーランスエンジニアの場合

フリルーランスエンジニアの場合の例を見てみましょう。

フリーランスエンジニアの年代別平均年収
20代:約600~700万円
30代:約700~800万円
40代:約800~900万円
50代:約500~600万円

参照:厚生労働省「平成29年 賃金構造基本統計調査」

 

特徴となっているのは、若い時ほど平均年収が高くなる傾向があるっているということが特徴。反対に50代になると、体力的に厳しくなっていくことや、新しい技術に対応しを習得するのが難しくなるため、収入も落ちてしまう傾向があります。

会社員と比較をすると、同じエンジニアという仕事なのですが、年収に大きな差が生じることが分かります。50代に差があるのは、役職手当などの有無にもよるところでしょう。
年代別の平均年収をみるとフリーランスのエンジニアとして働くには、若い段階で独立するということや、新しいスキルを学び続けるということが比較的求められるのでしょう。

フリーランスエンジニアと年収に関わってくるもの

フリーランスエンジニアとして働く際に、年収に関わってくるポイントをご紹介します。

専門性やプログラミングスキル

最初に考えるのは、専門性やプログラミングスキルです。一口にエンジニアと言いっても、働く分野によってスキルや年収が異なります。

・職種の違い
エンジニアでも、プログラマーやシステムエンジニア、またITコンサルタントなどと様々な職種や役割働き方があります。どの職種でも平均的な年収よりは高い水準となっていますが、ITコンサルタントなど、高い専門性や業務知識が求められる働き方になるとなれば、収入がアップします。

・作業工程の違い
どの作業工程を担当するのかによっても、フリーランスエンジニアとしての年収が変わります。例えば、運用や保守の場合には平均月単価が40万円から50万円なのに対して、リーダーやマネージャーという位置になると、70万円から90万円と大きく年収をアップさせることができます。
リーダーやマネージャーになると、システム開発におけるどの作業工程だけではなく、エンジニア達をまとめ確実な納期へのスケジュール管理もこなす必要があります。どれほど多くの作業工程を担当できるかによっても、報酬に差が生じるとい言えるでしょう。

・プログラミング言語
あまり意識しないかもしれませんが、プログラミング言語によって年収が変わります。
求人検索エンジン「スタンバイ」調べのプログラミング言語別年収ランキング2018をみてみましょう。

特に年収が高くなっているのは、Goというプログラミング言語。ScalaというTwitter社やLinkedIn社などでも採用されているプログラミング言語も、です。日本ではメジャーではない言語のために、社内で取り扱い出来るものが少なく需要の方が高い多いので、年収も高い水準となっています。

日本でも一般的になってきたAIの技術に使われているPythonなどの言語も、比較的年収が高いプログラミング言語です。もちろんこれらのスキルは、市場の需要や技術者の希少性によって変動します。

税金と保険料

フリーランスとして働く際に、支払う必要がある税金と保険料の解説をしましょう。

・所得税
収入から所得控除を差し引いた額にかかる税金です。収入から所得控除(基礎控除や扶養控除、社会保険料控除など)や、経費、青色申告特別控除などを差し引いた額にかかります。

確定申告の際に、自分で計算をして申告をする必要があります。国税庁のホームページから、引くことができる控除を調べることができますので、事前にチェックしておきましょう。

・住民税
前の年の所得に応じて、10%の税率で課税される所得割と、所得に関係なく課税される均等割を合算した額を納める必要があります。毎年6月頃になると納付書が届き、銀行やコンビニなどで納税する必要があります。

・国民年金
会社員の場合には、厚生年金に加入していますが、フリーランスで個人事業主の場合は国民年金に加入します。

・国民健康保険料
個人事業主であれば、国民健康保険に加入する必要があり、こちらも会社員の時と比較すると負担が増える傾向があります。

・消費税
売り上げが1000万円を超えると、消費税を支払う義務が生じます。フリーランス1年目から1000万円を超えることは難しいと思いますが、売り上げが向上する見込みがあれば、消費税も支払う義務が発生するということは覚えておきましょう。

フリーランスエンジニアで高収入を狙うためには?

フリーランスのエンジニアとして高収入を得るには、どのようなスキルが求められるでしょうか?会社勤め員のエンジニアと比較をすると、総合的なスキルが求められるケースが多くあります。

営業力をつける

まず必要なのは、営業力ということです。クライアントとスムーズに交渉するためのコミュニケーション能力は、フリーランスのエンジニアでは特に重要です。同じスキルであっても、高く評価してくれるクライアントを見つけるためにも、良いコミュニケーション能力は不可欠です。
クライアントと対等な立場で話し、市場の動向を知りクライアントに企画を持ち込めるようになるためには、やはり高い営業力が求められるでしょう。

ITスキルが高くても、コミュニケーション能力のようなヒューマンスキルに長けたエンジニアというのは多くはありません。プログラミングなどのスキルではない、他者を巻き込むコミュニケーション能力は、自分の力を発揮させるのに大切なポイントとなります。

ITスキルを磨く

ITスキルを学んで、自分のスキルを向上させることも必要です。GoやPython、やSwift、Scalaなどのプログラミング言語は需要に対して、技術者の供給が足りていない言語になります。意図的に需要が大きい言語を習得すると、年収アップを図ることができるでしょう。

その為ためには、自分の経験したことがない、新しい領域にも手を出して学び続けるという姿勢が必要になります。希少価値の高い分野を勉強していくならば、フリーランスエンジニアとして成功するための手助けになるでしょう。

フリーランスエンジニアの場合には、働く環境を選ぶことができます。自分のスキルアップを怠らない事ことで、新しいスキルを学び、技術を向上させていくことができます。向上させたスキルは、企業の依頼に応える際に、自分の経験として活かされていくことでしょう。
新しい案件に挑戦することや、自宅で新しいスキルを向上させてシステムを構築することはITスキルを向上させ、結果として年収もアップさせることができるでしょう。

まとめ

エンジニアがフリーランスとして独立するには、いかに年収を安定させ、年収をアップさせられるかがポイントとなります。仕事が不安定になりがちなフリーランスとい言う働き方でも、自分のITスキルやヒューマンスキルを向上させることが、仕事を成功させるポイントとなります。
IT業界は年々技術の進歩が進む分野です。今持っている技術で満足するのではなく、新しいスキルを積極的に取り入れ、学び続けることがフリーランスエンジニアに求められていることなのです。

関連記事

2019.06.06

お役立ち情報

ソフトウェア品質管理とは一体何?管理をするための資格や職種

2019.04.10

お役立ち情報

プログラマー(PG)が今後考えるキャリアパスとは

2019.03.18

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)の平均年収はいくら?年収アップするための方法!

2019.09.13

お役立ち情報

プログラマー(PG)がマネジメント職を目指すために必要なスキルとは?

2019.04.10

お役立ち情報

フリーランスのシステムエンジニア(SE)になると年収は上がる!失敗しない独立方法

2019.06.06

お役立ち情報

JSTQB認定テスト技術者資格とは?Foundation Levelの難易度は?

フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録 エンジニア求人サイト ソフトウェアジョブズへ フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(調査概要/調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年2月15日〜19日 調査概要:ソフトウエアテスト・検証会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代〜50代の男女1,137名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ)

現在登録者数
6398
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年10月31日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。