エンジニアのためのお役立ち情報

テストエンジニアとは?仕事内容・将来性・求人情報すべてご紹介

ITエンジニアとして転職・就職活動を考えている人に向けて、現在、注目されているテストエンジニアという仕事について解説します。
開発やプログラミング、品質管理・保証などさまざまな分野のキャリアを積むことができるIT業界。その中でも、テストエンジニアの仕事は非常にニーズが高まってきています。理由としては最新技術が次から次へと生み出され、システムが複雑化する一方でユーザーから高い品質を求められるようになり、第三者(ユーザー)視点が重要視されることなどが考えられます。
テストエンジニアについて「仕事内容」「将来性はあるのか」「実際の求人情報」などを詳しく説明していきます。

テストエンジニアとは

テストエンジニアとは、ソフトウェアテストを計画する人・設計する人をはじめとして、システム開発におけるテスト工程に携わる全てのエンジニアを差します。
ここでは、計画されたテストを実施する「テスター」ではなく、「テスト計画」と「テスト設計」を担当する人についてお伝えします。

テストエンジニアの仕事内容

テストエンジニアの仕事内容を見ていきましょう。主に3つの項目に分けられます。

(1)テスト計画・テスト設計・テストケース作成

テストエンジニアの仕事のながれについて見ていきましょう。まずはテスト計画、テスト設計をおこなうことから始まります。

・テスト計画:テストの目的・詳細、テストツールや実行環境、テストデータの確認、スケジューリング、実施範囲を決定。
・テスト設計:内部構造を理解する経験者が、仕様書から読み取れるレベルで設計。
・テストケース作成: 設計書をもとにして、テストケースを作成。不要なケースがないか確認。

(2)テスト実施管理・テスト実施

作成したテストケースをもとに手順を決めて、実行に移します。

・テスト実施管理:テストケースをどこから行うか決定し、スケジュール通りに実施しているのか管理します。
・テスト実施:手順に従って、実施をおこなう。
(実施は、基本的にテスターやオペレーターがする場合が多い。ただし、単体テスト や結合テスト、工程管理に関しては、テストエンジニアの中でもテストマネージャーに一任されます。)

(3)終了判定・開発側へ連絡

次いで、テストが終わった後の仕事を確認しておきましょう。

・修了判定:テストが終了後、テスト分析や不具合分析を経て、終了基準を満たしたか判定。
・開発側へ連絡:テスト結果をまとめて仕様書に文章化。サマリー報告を実施。

テストエンジニアの仕事内容をまとめてみました。計画したテストを実施して、問題を発見。改善策を提案する仕事を受け持つことになります。

テストエンジニアの年収はシステムエンジニア(SE)とどちらが高い?

テストエンジニアの年収について、どれくらいが相場になるのでしょうか。
一般的には400万円〜500万円だといわれていますが、高いスキルを持つ人の中には、700万円を稼ぐ人もいます。
一方で、システムエンジニアの平均年収は500万円〜600万円。テストエンジニアとは100万円ほどの差があります。

しかし、テストエンジニアの相場は、テストを設計せず、実施にだけ携わるテスターの年収も含んでいます。優秀な人材や、マネージャー職によって差はあるため、システムエンジニアと相違はあまりないという場合もあるという見方をすることもできるでしょう。

テストエンジニアの将来性とキャリアパス

将来におけるテストエンジニアの可能性と、キャリアパスについて説明します。

テストエンジニアは今後年収が上がる職業?将来性はあるのか

人材不足が問題視されるIT業界の中でも、さらにテストエンジニアのニーズは上がってきています。なぜなら、現代社会のIT化が進むにつれて、テストを手動から自動化できるエンジニアが必要とされているからです。また、自動化されたシステムにバグや問題点が発生した場合も、修正を行うのはエンジニア(人間)であるため、需要が高まっているのです。

まずひとつの指標として「Google」での検索数を確認してみましょう。Googleのキーワードプランナーで調べると、「テストエンジニア」というキーワードの月間検索数(月間で検索される回数)は2015年1月から比べてみると、「480」だったのが2019年2月現在では「880」へと2倍になっています。

第三者視点として、設計されたテストを計画通りに実装するテストエンジニアは今後も、ニーズがさらに拡大していくと考えられます。

テストエンジニアからのキャリアパス

テストエンジニアとして経験を積めば、どんなキャリアパスがあるのでしょうか。
大きく分けて3つのキャリアパスがあります。
開発工程では最終段階に位置するテスト・検証ですが、開発者ではなく第三者(ユーザー)の視点からソフトウェアと向き合うことで、開発者の視点では気づくことのできなかった改善点を見つけることができます。

ひとつは、「スペシャリスト」です。テストエンジニアとして、その道のベテランとして活躍ができます。
テストエンジニア初心者は、どの分野でも基本的な業務は変わりありません。しかし、その道の第一人者を目指すのであれば、専門性を見極めて必要なスキルを知ることです。WEB系、汎用系、オープン系、制御系、組み込み系、業務系など、業界ごとに求められる知識やスキルが変わります。どの分野でテストエンジニアのスペシャリストになりたいのか、考える時間が必要です。

次にあげられるのは、「プロジェクトマネージャー」や「プロジェクトリーダー」の道です。いわゆるPM、PLと呼ばれています。開発から検証までの全ての工程とスケジュール計画を立てて、チーム全体をまとめ上げる仕事です。
テストエンジニアを経験することにより別角度からの視点を手に入れることができます。 具体的には、開発工程では最終段階に位置するテスト・検証ですが、開発者ではなく第三者(ユーザー)の視点からソフトウェアと向き合うことで、開発者の視点では気づくことのできなかった改善点を見つけることができ、
品質を向上させる大きな要因になります。その結果、仮にシステムエンジニアに戻ったとしても別の視点や客観的にシステムを見ることができ、結果としてプロジェクトマネージャーになるためのキャリアパスのルートを短くすることも可能です。

このほかにも、「テストマネージャー」や「シニアテストエンジニア」といった道もあります。これはテストエンジニアの上位職となります。そのため、将来的にPMやPLを目指す場合、テストエンジニアの段階からより管理職に近い目線で経験を積むこともできるでしょう。

最後にあげられるのが、「コンサルタント」です。必要とされる能力は、PM、PLと同じく幅広い知識やスキルなのですが、1つのプロジェクトと直接的に関わるのではなく、あくまでも客観的な立場から提案・アドバイスを行う仕事です。
専門性を磨くか、それとも全体的にチームやプロジェクトを牽引するか、自分の適性からキャリアパスを考えてみてください。

テストエンジニアになるためには

最後に、どうすればテストエンジニアになれるのか、その方法を紹介します。

テストエンジニアに必要なスキル

テストエンジニアの求人情報で、求められるスキルとして、一般的に掲載されているのが以下のスキルです。

・(テスト対象となる)ソフトウェアやプログラムに関わるスキル
・ソフトウェアテスト(第三者検証)に関するスキル・経験
・文章作成・エクセルスキル(Word・Excel・PowerPointの基本スキルだけでなく文章・データ作成スキル)
・論理的な思考におけるスキル
・分析能力におけるスキル

ソフトウェアにおける豊富な知識と、的確に分析・検証できるスキルが求められる仕事です。

テストエンジニアになるための資格

テストエンジニアになるために、必須とされる資格はありません。しかし保有していれば、キャリアアップを目指せる資格があります。
その代表格がJSTQB認定テスト技術者資格 、IT検証技術者認定試験 、ソフトウェア品質技術者資格の3つです。

JSTQB認定テスト技術者資格は、ソフトウェアテストに特化したテストで、日本のソフトウェア技術者がテスト技術を向上させるために設けられました。JSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)が主催しています。

参照:JSTQB認定テスト技術者資格

 

IT検証技術者認定試験は、現場でソフトウェア検証に関わるテストエンジニアの実務レベルに重きを置いた資格試験です。一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が認定しています。レベルは実行者レベルの1から、研究者、上級コンサルタント向けの7まであります。

参照:IT検証技術者認定試験

 

ソフトウェア品質技術者資格認定は、一般財団法人日本科学技術連盟が主催する認定制度。ソフトウェアの品質技術を高めて、品質向上を目指すための資格です。初級・中級・上級のレベルが設けられています。

参照:ソフトウェア品質技術者資格認定
資格を保有していることで、より専門性を磨くことや、マネージャーやリーダー職の昇進など、将来の選択肢が広がります。

まとめ

テストエンジニアの仕事内容について紹介しました。将来性だけではなく、第三者検証をおこなうテストエンジニアとして経験を積めば、テスト計画の実施だけではなく、テスト設計にも早い段階から携わることができるため、様々なキャリアパスもあり、今後も期待が集まる職業です。
プロダクトマネージャーやプロジェクトリーダーを考えている方にとっても、目指すために通るべき道のひとつではないでしょうか。今後、テストエンジニアの転職を検討する上での参考にしてみてください。

関連記事

2019.04.02

お役立ち情報

テストエンジニアの6つのキャリアパスをご紹介!

2019.03.18

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)の平均年収はいくら?年収アップするための方法!

2019.04.10

お役立ち情報

プログラマー(PG)が今後考えるキャリアパスとは

2019.03.25

お役立ち情報

会社勤めプログラマー(PG)が独立!成功するためのコツはたった3つ!

2019.03.18

お役立ち情報

QAエンジニアとは!仕事内容やキャリアパスについて

2019.03.18

お役立ち情報

プログラマー(PG)の将来性って?生き残るために今からできること

お探しの案件は見つかりましたか?

あなたのお探しの案件は非公開案件の中にあるかもしれません。
サイトには掲載していない非公開案件が、全体の75%以上もあります。

専任コーディネーターがご案内いたします!

テスト・開発案件専門コーディネーターが、あなたに合った案件をご紹介いたします。

求人サイト利用度満足度第1位 求人サイト利用度満足度第1位

フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録 エンジニア求人サイト ソフトウェアジョブズへ フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(調査概要/調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年2月15日〜19日 調査概要:ソフトウエアテスト・検証会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代〜50代の男女1137名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ)

現在登録者数
6132
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年4月30日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。