エンジニアのためのお役立ち情報

憧れのフリーランスエンジニアになるには?必要なスキルと仕事の探し方をご紹介

フリーランスエンジニアとして働くことへの敷居が低くなっている中、現在エンジニアとして活躍中の方も、将来はフリーランスになることを目標にされている方もすぐにフリーランスエンジニアとして活躍できるかもしれません。
そこでフリーランスエンジニアとして働くために、必要なスキルや仕事の探し方について紹介していきます。

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスのエンジニアとして働くことには、メリットもありますが、デメリットも存在することを忘れてはいけません。

エンジニアがフリーランスになるメリット

フリーランスエンジニアとして働くと、正社員として働くよりも年収が上がる傾向があります。この理由は非常に単純で、今まで会社にマージンが入っていたのが、直接自分の収入に変わるからです。
正社員でエンジニアとして働いていた方が、フリーランスとして独立すると、年収が2倍にもなったというケースもあります。同じ会社で出世をして年収を上げるというよりも、フリーランスとして独立する方が早く年収を上げることができます。

自分のライフスタイルに合わせて働くことができるのも、フリーランスエンジニアのメリットでしょう。子育て中の主婦や、ご両親の介護を行っていて、会社勤めが難しい方でも、フリーランスなら自分の時間を確保しやすいという特徴もあります。
自分のライフスタイルに合わせて仕事を調整するだけでなく、案件を選ぶことも可能です。週に数日働く仕事の時間を調整したい方にもおすすめの働き方です。

エンジニアがフリーランスになるデメリット

もちろんフリーランスとして独立することには、デメリットがあります。例えば、収入が不安定になるということです。会社員として働いているときには、ある程度安定した収入が見込めます。しかしフリーランスになると、自分で仕事をした分だけ、収入になります。

悪くいえば、案件を獲得できないのであれば、収入もないということです。業界の中では、収入の基盤となっていた案件が終了する場合や、クライアントが夜逃げし、回収できなくなったケースもあるようです。

身近なところでは、自分で保険や税金を管理しなければいけないのも、デメリットに含まれるでしょう。会社が管理してくれていたものも、自分で管理する必要があります。福利厚生がないので、自己負担する部分も増えることも予想しなければいけません。会社員の頃には会社に任せていた業務が発生することもあります。フリーランスになる前にデメリットの部分も考えておきましょう。

フリーランスエンジニアになるために必要なことは?

フリーランスエンジニアになるために必要なスキルについても解説しましょう。

実務スキルを磨く

最低限必要なこととして、ITに関する実務スキルがあります。フリーランスエンジニアとして自分のITスキルは、収入に直接影響をあたえます。そのため、新しい知識や技術について、常に学び続けることが必要です。

またある分野に特化したエンジニアということも、フリーランスエンジニアとして働く際の武器になります。幅広い知識を持っていることも大切ですが、実務となるとある分野に特化していると企業から貴重な人材とみなされるでしょう。

そのために副業をして自分のスキルをアップさせること、また資格を取得するというのもおすすめの方法です。副業は実際の業務に携わる事でスキルを向上させ、資格は企業からの判断材料となるので、どちらもステップアップするのに有効な方法です。ただし、副業を行う際には本業に差支えがない範囲にとどめておきましょう。

自己管理能力を身に付ける

フリーランスのエンジニアとして成功するためには、スキルの他にも自己管理能力が求められます。営業力は、フリーランスとして働くエンジニアだからこそ身に付けたいスキル。

どれだけ専門的な知識を持っていたとしても、それを周りに知ってもらうことができなければ、単価のよい案件は巡ってきません。自分の強みを相手に伝えて、案件を獲得するための営業能力があると、フリーランスエンジニアとして成功できます。

また優れたコミュニケーション能力も、フリーランスとして働く方こそ必要なスキル。クライアントの要求を聞き、何が必要なのかを見極めてシステムを構築していくには、円滑なコミュニケーションが求められるのです。

フリーランスになると、お金の計算や案件の契約などもすべて自分で行う必要があります。会社が行ってくれていた確定申告や著作権の対応も行う必要がある業務です。自分のスキルを守るためにも、お金や契約に関するスキルも身に付けておきましょう。

フリーランスエンジニアになるための方法とは

フリーランスのエンジニアになるためには、在宅型と出向型の2種類の働き方があることを知っておきましょう。どちらもメリット・デメリットがありますので、自分に合った働き方を見つける必要があります。

クラウドソーシングで案件を探す(在宅型)

在宅型のフリーランスの場合には、インターネットのクラウドソーシングサイトを通して、クライアントから仕事を受注します。どこでも仕事が出来るのがメリットですが、基本的には単発のプログラミングなどの仕事が多くあります。

詳細な仕様書を受け取り、それを元にしてプログラミングを行っていき、テストを行って納品するという流れです。会社に行って仕事をする必要がないので、自分のペースで仕事をすることができるのがメリットとなります。

クライアントから信頼されると、継続して案件を依頼されることもあるので、安定して仕事を獲得できる可能性もあります。しかし受注を安定させるのは、簡単なことではありません。加えて値段交渉を自分で行う必要があり、開発だけでないすべての窓口が自分になるということも在宅型のフリーランスのデメリットです。
自分のペースで仕事ができることには、相応のリスクがともないます。会社でのエンジニアでは、他の人が担当してくれた業務も、フリーランスでは自分で担当する必要があります

フリーランス専門の案件紹介サイトで案件を探す(出向型)

フリーランスのエンジニアの大半は、出向型の働き方をしています。これはフリーランス専門の紹介サイトで案件を探し、プロジェクトに参加して社員と同じように働きます。会社に行って働くという面では、会社員と同じですが、業務委託契約を結んで働いているので、勤務形態は会社員と異なります。

案件ごとに業務委託契約を結ぶと、一定期間の間はプロジェクトチームの一員として働きます。期間ごとに契約をするので、在宅型の働き方と比較をすると、収入面でも安定させることが可能になります。

ネットワークに関する案件など、在宅に持ち出すことが難しい案件が多い働き方です。また規模が大きくなると、セキュリティの観点からデータやコードを持ち出すことが規制されている場合もあり、出向型の働き方が多くなります。

フリーランスのエンジニアとして働くことを考えているのであれば、「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ) 」もぜひご覧くださいませ。テストエンジニア向けのテスト・品質案件が多く取り扱われておりますが、コンサルティングやPMO案件など、上流案件も多く紹介されています。
また期間の面でも長期可動案件が豊富に含まれているので、フリーランスとして働く際の不安材料を少なくすることが可能です。フリーランスとして働くことを考えているのであれば、自分の条件に合った案件がないか、ぜひご登録のうえご覧くださいませ

まとめ

フリーランスエンジニアになるには、業務上のスキルを持ち合わせていることはもちろん、ビジネスやコミュニケーション能力といった複合的なスキルが求められます。
また安定して案件を獲得するには、長期可動案件を見つけることも大切なポイントです。ぜひ「SOFTWARE JOBS(ソフトウェアジョブズ) 」でフリーランスにとっての好条件の案件を探し、フリーランスエンジニアとしての成功を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事

2019.04.02

お役立ち情報

フリーランスのテストエンジニアは高収入で自由なのか

2019.04.10

お役立ち情報

フリーランスのシステムエンジニア(SE)になると年収は上がる!失敗しない独立方法

2019.03.18

お役立ち情報

システムエンジニア(SE)の平均年収はいくら?年収アップするための方法!

2019.03.25

お役立ち情報

テストエンジニアとは?仕事内容・将来性・求人情報すべてご紹介

2019.04.10

お役立ち情報

フリーランスのシステムエンジニア(SE)の働き方とは?高収入も狙えるって本当?

2019.03.18

お役立ち情報

QAエンジニアとは!仕事内容やキャリアパスについて

お探しの案件は見つかりましたか?

あなたのお探しの案件は非公開案件の中にあるかもしれません。
サイトには掲載していない非公開案件が、全体の75%以上もあります。

専任コーディネーターがご案内いたします!

テスト・開発案件専門コーディネーターが、あなたに合った案件をご紹介いたします。

求人サイト利用度満足度第1位 求人サイト利用度満足度第1位

フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録 エンジニア求人サイト ソフトウェアジョブズへ フリーランス・派遣ITエンジニアの品質に特化した案件探し、ご相談はこちらから まずは簡単30秒 無料会員登録

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(調査概要/調査方法:インターネット調査 調査期間:2019年2月15日〜19日 調査概要:ソフトウエアテスト・検証会社10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代〜50代の男女1137名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ)

現在登録者数
6132
ポジションの選択/変更

テスト

開発

単価の選択/変更
業界の変更/選択
技術・言語の選択/変更
参画地
フリーワード

閉じる

ページの先頭へ

就業中の方も安心して次のキャリアが事前に相談可能

専任コーディネーターがご案内いたします。

案件探しは私たちにお任せください!プロとして、ご希望の案件をご提案します!

ITエンジニアが選ぶ求人サイト 利用満足度 2年連続 第1位(アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ(2019年2月時点))

登録面談で今ならQUOカード3,000円分プレゼント!まずは無料登録

※2019年4月30日までの登録面談が対象です。

お電話でも受け付けています 9:00 18:00

東日本エリア 0120-133-005

日本エリア 0120-299-200

ソフトウェアジョブズテスト・検証会社のバルテスが運営するテスト・品質の上流案件に強いフリーランス・派遣ITエンジニアのための案件紹介サイト

皆さんが身近に使用しているアプリや業務系のシステム、テレビや複合機などを第3者の目線でテスト項目を作成したり、実際に項目通りに動くかを検証するテスターのお仕事をご紹介するサービスです。
就業先は大手電機メーカーや大手ソフト会社。数日からの超短期案件や、数年にわたる長期案件まで、ソフトウェアの品質に携わるお仕事が豊富にございます。
働きやすい環境で受け入れ態勢が整っており、大手企業でお仕事ができるチャンスが豊富です。高単価、高条件なお仕事も豊富にございます。
技術を向上されたい方、開発現場への復職を希望される方、予定している前後の案件に空きができてしまった方、フリーランスの方など、きっとあなたのご希望に合うお仕事がございます。
開発経験のあるITエンジニアやテストエンジニアの方で、ぜひ転職をお考えの方や派遣のお仕事をお探しなら「ソフトウェアジョブズ」をご利用ください。